FC2ブログ

毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

熊の焼鳥 祇園白川(後編)@祇園白川

2019
24
で、引っ張っておりますが、熊の焼鳥 祇園白川店のご紹介、後編です。前編はこちら。

熊の焼鳥16

串物の四本目はつくね。これも御覧のように芸細やか。3個のうち先端の一個が塩、真ん中と根本がタレと、一串で食べ比べられるようになっているのが工夫。これもせせりのつくねだと思われますが、軟骨のみじん切りが入っていて、噛みしめるとふわっとしたファーストアタックのあと、こりこりと食感良好。いいですな~。

熊の焼鳥17

串物五本目はやげんなんこつ。完全に軟骨を綺麗に掃除していなくて、作為的にくっ付いている肉と共に焼いてあるのが工夫。鰹梅を合わせてあるのも美味しい。 

熊の焼鳥18

で、隠し酒メニューから「美丈夫 純米大吟醸 舞 しずく媛」¥700を注文。いやー、するるるっと喉に落ちる感じで美味しいのだ。

熊の焼鳥19

コースメニューの口直しで生姜の効いた鶏スープ、それに少量ですが1人づつ野菜サラダが登場。スープはそんなにコラーゲン濃厚!までは感じないのですが、さりげに美味しい。

熊の焼鳥20

完全に日本酒スイッチが入ってしまった相方、次も過去呑んだ記憶がない長野の地酒「彗(シャア)BENNETT 純米大吟醸」¥900を。赤い三連星は滋賀の美冨久酒造ですが、日本酒好きは意外にガンダムファンが多いのですな。(世代が近い、というのもあるかもですが)これもするっと呑みやすい感じだったように記憶。ま、結構アルコールが回っていて、覚えちゃいないのですが汗

熊の焼鳥21

たれで頂くハラミ。鶏のハラミって!なのですが、しこしこした食感で火入れも極少。甘口のタレが良く合いますな~。串料理で本日一がこちらでした。旨いです! で、店員さんから、あと手羽先で串が終わりですが、追加されますか?と確認され、つい3種類ほど追加注文。

熊の焼鳥22

これはコースの付け合わせメニュー、キャロットラペ。最初にどーんと出るのではなく、こういう風にちょびっとづつ野菜が分けて出てくるのも工夫。

熊の焼鳥23

追加串その1は背ギモ。これがもっとも火入れ極少のレア状態でアツアツではなく、ほんのり温めましたぐらい。まだ串に水分がまとわりついているほどなのだ。 が、生でも頂けるほどの新鮮なのでちゅるるっと頂けます。個人的にはもうほんの少し火が強いのが好きです。

熊の焼鳥24

更に呑んでしまいます汗汗。隠し酒メニューから滋賀産「松の司 AZORA50 純米大吟醸」は¥1000なり。とりあえず、美味しかった!という記憶のみでスミマセン汗

熊の焼鳥38

追加その2は、銀皮。出てきて、なに?っと思ったのですが、すなずりの皮部分のようです。コリコリと食感良好で美味しいのですが、相方は皮だと思い込んでいたようで、次回また来て皮を食べる!と宣言。(ちなみにメニューには皮はありませんでした) これは一味が欲しい~、かな。

熊の焼鳥25

で、¥2800コースの〆、手羽先。ころんとした丸いフォルムが可愛らしい。塩加減も完璧。

熊の焼鳥26

手羽先を食べる用に用意されたお手拭きにまで、熊さんがしっかりと。最後まで徹底されていて感服!。
お腹は結構いい感じなのですが、呑みすぎたときほど〆の炭水化物!が食べたくなってしまうので、超悩んで2種類を注文。

熊の焼鳥28

まずは、鶏雑炊的な雲丹スープ茶漬けで¥680なり。

熊の焼鳥29

鶏胸あたりの炙り角切りがごろんごろんと。スープに雲丹出汁が入っている感じで、雲丹感は極少ですがちゃんと美味しい納得メニュー。サッパリ!

熊の焼鳥30

更に人気のイクラ玉子かけご飯で¥1500なり。 玉子と書いてありますが、鶏モツの「キンカン」を乗せているのが工夫。熊さんの海苔は原価いくらだろう?などと要らぬことを考えつつ頂きます。

熊の焼鳥31

キンカンは手で持ってとろろん!という作戦なのだ。(キンカンの皮は外してねとアドバイスあり) いやー、ま、旨くないわけがないわけで!というメニューでした。お腹パンパンなり。

熊の焼鳥32

で、美味しいほうじ茶とレモンシャーベットで〆。メニュー数が多いので書きあげるのに累積3時間ほどの大作に・・。。汗汗
以上で〆て、ハイボール2にジンソーダ1、日本酒グラス5としっかり目に呑んで¥25200なり。伝票がしっかりしているお店は大好きです。¥6500の刺身26種盛りを注文したのと、現在は会員制ではないのでチャージが¥800/人なので、結構なお値段ですが、この質なのでかなりな大納得!

とは言え、お前は会員になるのか!?と言われると、我々のような、飲食店を壮大なループでぐるぐる回っている人間は悩んでしまうのですが、10月に会員制になるまでは、もう一度来る可能性大!なお店です汗汗。(それ以降は、知り合いの法人会員様に連れて行ってもらうような気がしますな・・・超滝汗) ご馳走様でした! 近日、また来ます~。
 
 
 

◆熊の焼鳥 祇園白川
住所:京都市東山区元吉町70-14
営業時間:17:00-24:00 不定休(食べログには無し、とありますが汗) 
TEL:075-746-3194
 
 
熊の焼鳥34

食後、ぼんぼりのように大きな花を満開にした八重桜を眺めながら、薄暗い祇園白川を歩くのも風情です。
関連記事

0 Comments

Add your comment