FC2ブログ

毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

スパイスガール@室町通綾小路下ル

2019
05
GWネタ、その7です。実は名古屋に2泊3日で遊びに行っていたのですが、先に京都ネタを1つ。
名古屋からお昼過ぎ頃に京都に帰ってきた土曜日。夜はお手軽でパンチの効いたものが食べたいと意見一致。で、この4月にオープンしたばかりのアジアンタパス料理店に行ってみよう!ということに。
予約電話で18:00からの席を押さえてやってきた室町通綾小路下ル。「ざ・らくちん室町横丁」なる小箱飲食店が4軒ほど集合した長屋的2階建て物件にあった散髪屋さん跡地に出来た模様。

スパイスガール1

予約している者ですが~と、1Fにあるテーブル席に席確保。実は、4月のオープン以降飛び込みで来ようとして振られたこと2回。3度目の正直でようやく入店なのだ。2階にはグループ客が、1Fは先客1組という状況。スパイスガール、という店名なので、てっきり女性がやられている可愛らしいお店!と思い込んでいたのですが、当日は男性シェフ2名にアルバイトのお兄さん1名の3名体制でした汗汗

スパイスガール4

店内はこういう気軽なバル的な感じですな。さあ、何を食おうかとメニューを確認。

スパイスガール2

メインメニューその1。プロの仕上がりですが、タイ料理だけではないちょっと捻りの効いたメニュー編成が楽しい。これ以外にも、日替わりのタパス料理が¥150から、10種類ほどあります。タイ版もんじゃが気になる気になる。。

スパイスガール3

メインメニューその2。アジアン系〆メニューが豊富なのが良いですな。基本、フード類は本場レベルまでは辛くしていないので、辛いもの好きは、辛くしてくれと注文してね、と書いてあるのが親切。パクチーも単品で取って、自分で振りかける、というメニュー編成なので、パクチーが苦手な人でも安全安心設計。

スパイスガール7

で、嬉しいのは、¥1600で時間無制限で泡・ワイン呑み放題。ビールやその他のカクテル類まで全ドリンクを呑み放題にしても¥2100!という酒呑み超歓喜設定。店員さんにこの黒板ワインメニュー以外のドリンクメニューの白・赤各4種、計泡2、白7、赤7が呑み放題!というのを確認し、相方の「3杯呑んだら、元が取れるねえ」という悪魔のささやき(滝汗)で、速攻で¥1600のを注文。

スパイスガール5

更にチャージ込みの突き出しは「生春巻き」¥400なのですが、なぜか食べ放題という珍しいシステム。ソースはスイートチリ、干し海老&ナンプラー、胡麻ピーナツの3種類からチョイスできるのだ。初めの1つは相方共々スイートチリソースでした。お安い白泡と合わせて。

スパイスガール6

タパス盛り合わせ小は¥980なり。茄子の揚げびたしに、ツナのテリーヌ、味付けウズラ玉子に、人参サラダ。五香粉を利かせたきんぴら、それにピータン入りのポテサラという布陣。 ちなみに大サイズは¥1280なりですが、2人なら小で量的にも十二分。野菜多めでなかなか健康的な構成ですな。ちょっと色合い的には寂しいなあと思ったので、生春巻きを乗せておきました(超滝汗汗汗)

スパイスガール8

とりあえずパクチー好きな我々は貰っておこう!ということで、パクチーサラダ¥550を注文。底上げ無しで9割はパクチー!という名前の通りのサラダなのだ。他の料理に合わせると、ぐんとエスニック感が高まりますので、お好きな方はぜひ。

スパイスガール9

折角なので辛いスパイス料理を食べたいので~!ということでお願いした「やみつき鴨ロースクミンまみれ」で¥600なり。クミンと黒胡椒がガツンと効いていて、この量で¥600は超偉大。お勧めいたします。

スパイスガール10

当然、お酒もカパカパと進むのだ。ロゼ泡があるのが偉大。グラス150ccはがっつり注いでくれるので、呑み比べたい人は複数人で来るべきですな。

スパイスガール11

サラダ的なあっさりした生春巻で、2人で1皿だけ追加を。ちゃんと半分分けに切ってくれました。干し海老&ナンプラーソースですが、旨味満載で美味しい。パクチーをてんこ盛りに乗せて頂くのが好みです。

スパイスガール12

一押しメニューの丸ごとよだれ鶏の1/4羽で¥780なり。若鳥を丸のまんま蒸し鶏にしてあって、超ソフト。箸で分解できるほどの柔らかさ。それにあまり辛くない特製ネギソースを合わせてある一品。鶏自体は美味しいので、辛いもの好きには、ラー油や花椒等をガツンと使ったソースも置いて頂くと更に嬉しいかな。

で、いい感じで酔っ払っているのですが、麺類とご飯ものを1つづつ注文して〆ようということに。

スパイスガール13

まずはタイ風焼きそばの「パッタイ」で¥800なり。小海老ともやし、ニラに細モヤシ、上にてんこ盛りの干しエビ。上に載っているのは白ネギと水菜、カイワレでパクチーは使っていない万人向けレシピ。

スパイスガール14

麺は米粉で作った柔らかめの平打ち麺。パクチーをガっつり乗せて乗せてマゼマゼしていただきます。細モヤシを生で入れているレシピが一般的な気がしますが、こちらはさっと火が入っていて食べやすいかもですな。意外に軽やかに頂けたので、もう一皿を期待満点で待つのだ。

スパイスガール15

なぜか台湾料理もあります。魯肉飯(ルーローハン)で¥880なり。いやー、とろける豚角煮。八角の香りがバシッと効いた正統派。これもお勧めいたします。

以上で約2時間の滞在で、白泡2、ロゼ泡1、白4の赤2とお手頃ワインを超しっかり呑んで計¥9000なにがしという超超超!納得価格なり。我々のような呑み助には非常にお得で嬉しい一軒。普段とちょっと違う傾向のメニューにお酒を合わせてお手頃に!ならお勧めの一軒。 ご馳走様でした、また来ると思います~。
 
 
 

 
◆香女(スパイスガール)
住所:京都市下京区白楽天町511-1 ざ・らくちん横丁内
営業時間:火~金 17:30-24:00 土・日 13:00-24:00 月休
TEL:075-744-0059
関連記事

0 Comments

Add your comment