FC2ブログ

毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

魚とホルモン 七輪亭@近鉄小倉駅

2019
15
超!我々好みのお店にHITしましたので、気合を入れてご報告。お店の名前は「魚とホルモン 七輪亭」、またまたFacebookの京都食べある系グループで教えて頂いたのだ。宇治市の近鉄小倉駅東口近くの住宅街にあるお店で、最近、類似のネタを書いた「セルフ網焼き料理店」なのですが、これが非常~に良かったのだ。

七輪亭1

思いついて、当日の開店1時間前の16:00ぐらいに予約電話。と、19:00からのカウンター席予約が取れたのでやってきた近鉄小倉駅。初めて降りたのですが、東口周辺は意外に飲食系の個人商店がありますなあ。あちこちのお店を観察しつつ、5分もかからずやってきた七輪亭。 元々、西口50m!の超駅近物件だったのですが、最近東口側に移転され、ぐんと拡張された模様。(現在、元のお店跡地が工事中だったので二号店ができるのかも?です)

七輪亭17

カウンター席が12席ほど、6人ぐらい座れそうなテーブル席が3、2階もあるようで1階はテーブル一席を除いて満席状態。飛び込みでどんどんやってくるお客さんが断られて残念そうに帰っていくのを眺めつつ、カウンター席に入れてもらう。カウンター上には寿司屋さんのように食材冷蔵ケースがあり、超てんこ盛りで海鮮や野菜類が今か今かと自分が登場する番を待っているのだ。

七輪亭2

間髪を入れず、炭がガンガンにいこった七輪が目の前にセットされ、まずはドリンクを注文ということに。ドリンク類はそれほどふんだんにある言う感じではありませんが、日本酒は城陽など6種類ほどで、更に隠し酒をある模様。焼酎にハイボールなどなど一通りそろっている感じなのですが・・・

七輪亭3

圧巻は、フードメニューの豊富さ。七輪で炙って頂く魚介類に肉類、それに寿司! 全20種を超える〆メニューなどなど、全部で100種類は楽々ありそうな感じ。そのうち、日替わりだと思われる魚介系のメニューがこちら。このメニューがA4なのですが、レギュラーメニューはこれ以上の書き込み密度で全4ページ!という大作。

七輪亭4

お肉メニューの一部がこちら。ホルモンも豊富。最高価格メニューは活伊勢エビ¥2500!で、それが含まれる海老豪華盛りが¥3500!で、肉類はハネシタ100gで¥1480というお手頃価格。いやはや、これは悩んじゃいますなあ。

七輪亭5

普通の生ビール¥500!もあるのですが、超暑かったので(京都が今年初めて30℃超えした日) -2℃管理のアサヒエクストラゴールドからスタートなり。いやー旨しですな~。 で、普通ならお造り盛り合わせからスタート!となるのですが、折角なので七輪メニュー中心で!ということに。

七輪亭6

まずはやってくる夏を感じる、水ナスの浅漬け¥380なり。まだサイズは小ぶりですが、いい感じの漬かり具合で美味しい~。今シーズンお初!なのだ。

七輪亭7

更にこういうのもあります。ハネシタの炙り生雲丹ユッケで¥950なり。ビジュアル良好、お味も良好、その上このお値段。文句ありません~。

七輪亭8

で、速やかに焼き物メニューもスタンバイ。まずは太い白アスパラ。一本¥480なのですが、存在感ありまくり。

七輪亭9

魚系の焼きもの盛り合わせなんて珍しいよね!と注文した、「七輪で炙る魚盛り合わせ¥1180」が登場。鮪に鯛、鱧に穴子、鰹にイカ!というそのまま刺身でも十分頂ける魚をさっと炙り、ネギポン酢で頂く趣向なのだ。いやー、これは日本酒にスイッチだ~!ということになりますな。

七輪亭10

更に炭焼メニューで活けあわび。大きいのが一個¥1220で、半分をバター焼で、半分をお刺身でお願いしました。炭焼のほうは、貝殻にご飯を敷いてあり、そこにバターと潰した肝、鮑を乗せて焼いていただく趣向。仕上がると鮑肝バターライス!になるのですが、たまらなく美味しいです~。

七輪亭11

刺身も当然旨いのですが、火の入った肝の旨味にはちと勝てないですな。しかし!これが¥1220とは有りえない価格設定。。

七輪亭12

更に変態メニューを発見したので速攻で注文する我々。とらふぐ白子を自分で炙る日が来ようとは!な¥950なり。下に昆布が敷いてあり、柚子皮がぱらぱら。ネギは別皿に一時退避させ、粗塩を掛けてじわじわと火を入れる。。

七輪亭13

仕上げに一味パッパでにっこり。これまた日本酒劇消化系な一品ですな。文句なし! ここまでは初めに注文した分で、さあ追加だ追加だ!ということに。

七輪亭14

魚のレギュラーメニューに「見たことが無いくらいでかいししゃも」が一本¥380!と書いてあったので2つ注文。いやー、これは本当に見たことが無いサイズですな。レモンと比較してみてください~。楽々20cm超!の笑っちゃうサイズ。

七輪亭15

じわじわ焼くのが楽しいのですが、焼き網とのサイズ感。が、食べると確かにあのししゃもそのもの。たっぷり卵を孕んでいて小ぶりの明太子ほどある食べ応え満点な一品なのだ。

七輪亭16

相方リクエストで厚揚げを追加。これも非常に良い厚揚げで¥380なのですが、なんとも巨大! 多分元サイズは煙草の箱2つ分ほどかと。こんがり焼くとさくさくと香ばしく美味しいです~。鰹節+醤油+レモンぎゅっぎゅで至福。

七輪亭18

が!魚だけで撤収!とはならない我々。他のテーブルはお若いグループは肉!年配者は魚!という感じなので、我々も肉を食っちゃうぞと、赤身肉盛り合わせを注文。全200gですが、ハネシタ、ハラミ、カイノミ、イチボ、ランプなどで¥2000!というお手軽価格。

七輪亭19

これがまたどうして、ちゃんとしているのだ。タレが付いているのでレモンだけで十分旨しですな~。大満足なり。

七輪亭20

で、〆は当然食べるのです汗汗。現在一部で流行中の肉寿司を始めて食しました。ハネシタ雲丹乗せ¥380、雲丹いくら¥280、巻物で穴きゅう¥380!という充実のラインナップ。いやはやお腹パンパン。

ボトルプレゼンがあるお店ではないので、お酒の進捗写真は撮っていないのですが、生ビー2、ハイボール1、日本酒2合と我々とすると少々控えめで¥12000チョイ!という大納得なお支払い。想像以上にお安くてびっくり。なにせメニューが豊富なので、食べてみたいものがあれもこれもと超目移り!なお店ですな。相方は次回は更に貝類とホルモン系を攻めてみたい!ということですので、近日再訪している予感ですな。ご馳走様でした! また来ます!。
 
 

 
 
◆魚とホルモン 七輪亭
住所: 京都府宇治市小倉町西浦82−24
営業時間:17:00~23:30  不定休
TEL:0774-24-3754
 



関連記事

0 Comments

Add your comment