FC2ブログ

毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

韓国料理 葉月@東九条

2019
14
海外からのお客様が日々、どんどん押し寄せる京都。名所旧跡が多い東山や嵐山には当然、日々、大勢のお客様がやってくるのですが、もしかして最も大きな変化が生じているのは京都駅の南側、西九条や東九条、十条あたりではないかなあと思っている今日この頃。 最近、ホテルの建設ラッシュで、且つ昔ながらの京町屋や普通の一軒屋が驚くべき勢いで民泊化されている地域。 久々に散歩すると、あそこのコインパーキングや、あのビルがあった空き地、この京町屋がホテルやゲストハウスになっているのに驚くのだ。。

葉月1

で、今日のランチにチョイスしたのが、東九条の韓国料理店なのだ。京都駅の南側に一大韓流コミュニティが存在している京都。この辺りは本場韓国料理が食べられる地域でもあるのですな。お店の名前は葉月(はづき)。ランチもやられているのをネットで確認してやってきたのだ。

葉月3

ランチは11:30オープンで5分ほど過ぎた時間帯。御覧のように全席小上がりで4~6人掛けのテーブルが5つだけのこじんまり店。先客1名で、奥のテーブルを確保。入り口右側がキッチンで、キッチン内にガタイの良いお兄さんを1名確認。お運びの大学生くらいのお兄さんが1名。キッチン奥に何名居るかは不明です。

葉月2

ランチは御覧のランチメニュー、それに夜のアラカルトメニューもお願いできる仕組み。夜メニューの写真をうっかり忘れたのですが、焼肉にサムギョプサルにチヂミ、サムゲタンなどなど有名な韓国料理は一通り頂ける。ま、今回はランチですので、ランチセットをお手軽に頂くことにするのだ。

葉月4

とは言え、お休みですので(滝汗)、私はハイボールでゆるゆるとスタートなり。たしか¥500だったように記憶。

葉月5

ランチメニューには御覧のおかずがもれなくついてくる。左上から大根キムチに胡麻の葉、円やかなイカキムチに、下に移って辛子高菜漬け、白菜キムチにズッキーニという布陣。 白菜キムチのまろやかな美味しさに、これは期待できるな!ということなのですが、一番辛いのが辛子高菜漬けというのが面白いですな。少量ですが、ガツンと来る辛さです。

葉月6

で、ランチだけではあまり面白くないので、肉料理が欲しい!と1皿だけアラカルトから蒸し豚¥800を注文。甘スッパ辛い韓国独特の辛いタレがたまらなく美味しいです~。

葉月7

で、私は石焼きビビンバ¥1000をチョイス。野菜シッカリ超具沢山&速攻でおこげが出来るほど超アツアツ。どういう風にして食べるのかが未だに謎な料理なのですが、テーブルに着いたら必死で混ぜ込むのが定石ですな。

葉月9

具が沈んでいるので見えないですが意外に具沢山の塩味系玉子スープ付き。 私の友人で石焼ビビンバがテーブルに置かれたら、まず、間髪入れずスープをざざざざっと掛けてしまう人に遭遇したおかげで、いまだにどういう食べ方が正解か不明なのですが、私はご飯を半分ほど食べ、おこげが完成してからスープを掛けるのが好きです。

葉月8

で、必死で3分ほど超まぜまぜした後の写真。蒸し豚があると更に豪華な一品になりますな。量的にも味的にも大満足なりでした。おかずの胡麻の葉でご飯をくるんと巻いて頂くのが至福~。

葉月10

が!相方が注文した豆腐チゲが更に美味しかったのだ。これもぐつぐつと地獄の窯のように登場。

葉月11

相方にトンスイ半分づつで交換をお願いするのだ。豆腐チゲは酸味と塩味、旨味のバランスが非常に良いですな、これは本当に美味しい~。麺類が入ると更に美味しいかも!と思いつつ、あっという間に完食。
暑い季節にこそ汗をガンガンかきつつ頂くのが吉!かもなお料理。ご馳走様でした、韓国料理はかなり好きなので、また来ると思います~。 


◆韓国料理 葉月
住所:京都市南区東九条西岩本町38-1
営業時間:17:00〜23:00 火休
TEL:075-661-0855




関連記事

1 Comments

sui  

No title

前菜込みですか!お値打ちですねー

2019/05/16 (Thu) 11:50 | EDIT | REPLY |   

Add your comment