FC2ブログ

毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

みの屋@熊本県 玉名温泉

2019
25
疾風怒涛の出張強化月間3週目、佐賀で一仕事終え、明日朝からの本業のためにやってきた熊本県は新玉名駅。

みの屋15

九州新幹線の改札口を出ると、いきなりこんな巨大看板がお出迎え。NHK大河「いだてん」効果は強力で、玉名市内の目につくところには、金栗さんののぼりやポスターだらけでした。

みの屋1

明日朝から仕事場になる工場は、近隣に宿がまったくないところ。移動方法も車のみという陸の孤島。で、現場からタクシーで20分ほどにある玉名温泉の渋い温泉ホテル(朝御飯付き¥6500)に移動。 宿に荷物を置いて早速晩御飯!と、Googleマップで見つけた、宿から徒歩3分ほどの居酒屋さんにやってきた。お店の名前は「みの屋」、おずおずと店内に。

みの屋5

店内は良い感じで年季が入った木造りで、板間に靴を脱いで上がる方式。おっさんがノンビリするには適切な雰囲気ですな。メニュー写真を撮ってくるのを見事に忘れたのですが、基本焼き鳥を中心にした居酒屋メニューで、鮮魚刺身や揚げ物、鉄板焼メニューなどざっと50種類ほどスタンバイ。なにせ焼き鳥が1本¥100!!(税別)というお手頃価格に、これは良いお店を見つけたな、と二人ほくそ笑むのだ。 

みの屋2

突き出しは、マヨ系ではないポテトサラダ、それにピーマン、おくら、エノキの炒め物なり。家庭的なお味でほっこり。本日の業務無事完了の祝杯をこじんまりと。

みの屋3

折角、熊本に来たので、熊本名物を食べようとメニューをチェックし、見つけた馬刺しは確か¥1400なり。お手頃なこのお店では最高価格帯メニューなのですが、流石現地産だけあって非常に上質、程よい脂感。トロケまくりますなああ。。。。九州系の甘いお醤油で頂くのですが、自家製のニンニクの醤油漬けを添えて食べるとこれまた乙なお味なのだ。

みの屋4

更に確かこちらのほうが高かった馬レバー刺身で¥1500なり。これこそ、現地に来ないとなかなか食べられない一品ですな。。。文句無しです。ホルモン好き必食な一品。

みの屋6

で、焼き鳥にスイッチ。奥がせせり、手前がももでどちらも¥100!という超超超納得価格。そりゃブランド鶏ではないのかもしれませんが、焼きもお上手。更にサイズも中サイズほどで、超高CP!にびっくりなのだ。

みの屋7

驚くべきことに、手羽先も¥100!という異常価格・・。皮はぱりっと、身はジューシー! ちゃんとしておりますな。。

みの屋8

皮も¥100なり。お店のポリシーの違いが一番出る串で、こちらはむっちりジューシー、且つタレ焼きで提供されるのですが、ボリューム的にも超納得な一本。お見事です。

みの屋9

これだけ2本単位のつくね。指でつまめそうな玉子の黄身を絡めて頂く趣向。軟骨みじん切り忍ばせてあるタイプでこれまた大納得!な¥400なり。

みの屋11

日本酒をちょっと呑みたかったのですが、こちらは焼酎がメイン。日本酒の冷酒は2種類で、たしか¥700だった「阿蘇の酒れいざん麗酒 爽快」を。300ccですが、するすると呑めてしまう確かに爽快系。

みの屋10

豚バラとこころも¥100!なり。 結局串メニュー¥100のもの(レバー、ぼんじりなどなど)10種類ほどは全て制覇し、〆にしようということになるのですが、なんだか米や麺という気分ではないので、アテを2つ貰おう!ということに。

みの屋12

K氏お気に入り?な、鶏軟骨から揚げ。我が家でもお店にあれば注文するのですが、これも非常に良心的な量ですなあ~、の確か¥400なり。

みの屋13

鉄板焼きメニューから、ニラ玉。ニラタップリ、玉子3個は確実なゴールデン居酒屋メニュー! いやはやお腹パンパン。
以上〆て生ビール2、ハイボール1に日本酒300cc、ソフトドリンク1で¥9000!という大納得価格。。 どこに出張をするのでも、おっさんを楽しませてくれる良きお店はあるのですなあ。 多分、また近隣に行く機会にはお邪魔する予定です~。
 
 
 
 
◆みの屋
住所:熊本県玉名市岩崎391-5
営業時間:18:00ぐらいから? 月休
TEL:0968-72-2390
関連記事

0 Comments

Add your comment