FC2ブログ

毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

カレーとお酒のお店 SUNLIGHT@円町

2019
28
偶然にもカレーネタが続きます。
出張続きでグダグダにへばっているので、軽くランチを頂いてからスーパー銭湯でだらだらしよう!となった土曜日。 ランチにチョイスしたのは、5/13に円町にオープンしたカレー専門店。お店の名前はSUNLIGHT。ランチはカレーライス、夜は軽いアテでお酒を頂いて、〆カレーが頂けるお店だ、というのをFacebookの投稿で知って早速やってきたのですな。

SUNLIGHT1.jpg

お店はJR円町駅から西に300m。近隣のコインパーキングに車を停めてやってきた12:00ごろ。元々たこ焼き屋さんがあった物件で、数軒隣に移転したそのたこ焼き屋さんがあるのだ。

SUNLIGHT4.jpg

カウンターのみ6席か7席だかの極小店。カウンターの後を通る際は座っている人に謝りつつ進んでいく必要があるほどギュウギュウ。我々が店内に頭をつっこんで、席を詰めてもらい満席になったのだ。お若いご夫婦が二人で回されているのですが、お二人とも笑顔がとても素敵で、なんだか居心地の良いお店です。FB情報によると、ご主人は和食店のご出身のようですが、趣味が高じてカレー店、ということらしいです。

SUNLIGHT3.jpg

ランチメニューはこんな感じ。既に近隣の常連さんが付いている感じで、ポークキーマの大盛り¥880が人気。我々は少々悩んで、あいがけ+トッピングをお願いすることに。

SUNLIGHT2.jpg

で、カレーバー的な使い方ができる一軒。もう一枚お酒メニューがあり、これ以外に赤白泡ワインに焼酎、日本酒までスタンバイしているのだ。グラスワインは¥300なりで、全般的にお酒もお手頃価格。

SUNLIGHT5.jpg

折角なので、相方に遠慮しつつ(汗)カールスバーグの生ビール¥390を注文。呑みつつ、カレーを待つのだ。注文してから一人前単位でカレーソースをフライパンで温める丁寧な方式。

SUNLIGHT6.jpg

夜メニューの一部とスパイス類。ついつい、そういうところに目が行く我々(滝汗)。高級なシナモンをお使いですな~、カルダモンも大粒。これは期待できるぞ!ということに。

SUNLIGHT7.jpg

私チョイスのあいがけカレー¥980+可愛らしいチキンカツトッピング¥200!+追いパクチー¥100なり。右半分はチキンとほうれん草カレー、左半分がポークキーマカレーという布陣。小麦粉不使用、香味野菜とトマトのとろみのみ、という最近流行のスパイスカレー、というやつです。ライスは、ターメリックを入れ炊き込んでいるジャスミンライスと白米を半盛りにしてもらいました。ジャスミンライスの香りはかなり穏やかで、少々日本米もブレンドされているかもです。

SUNLIGHT8.jpg

相方は同じくあいがけカレー¥980+スパイス玉子¥100という構成。皿の奥側にあるおかずは、キャベツ千切りとトマト、クミンを合わせたマリネ的なもの。既にネット上で報告があるカレー写真では、仕上げにカスメリティが掛けられていたのですが、本日は無し。色々探られているようですが、私はカスメリティは有ったほうが嬉しい派。(主張が強い必殺技のようなスパイスなので、使い方は意外に難しいかもですが・・)

SUNLIGHT9.jpg

スパイス玉子を割ってみましたの図。上出来!ですな~。
で、カレーの印象。肉だしと香味野菜の旨味がまずやってきて、じわじわと辛味が来て、食べ終わった時点が一番辛い、という時間差タイプ。とは言え激辛ではなく、ココイチ指数(滝汗)でいうと3辛ぐらいの感じですかね。テーブルにチリパウダーは置いてあるのですが、普通の人はまず不要。 どちらのカレーも単独のスパイスが主張する感じではなく、バランス重視型(ポークのみマスタードシードが) で、誰でも食べやすい感じで美味しい。量も普通サイズで大納得。

とは言え、今日のあいがけは、出汁の旨味が違うだけでソースの傾向はほぼ同じものだったので、もっと違いを強調したほうが面白いかも。 ポークキーマは定番のようですが、もう一つはしょっちゅう変えているようなので、他のカレーも試してみたいですな。良い感じでお腹いっぱいで、マスターの爽やかな笑顔の送り出しに「また来ますわ!」と宣言し、お店を後にしたのだ。ご馳走様でした、また来ます~。
 


 
◆カレーとお酒のお店 SUNLIGHT
住所:京都府京都市中京区西ノ京伯楽町25-2
営業時間:11:30〜15:00 17:00〜22:00 日休の予定
TEL:075-286-7484
関連記事

0 Comments

Add your comment