FC2ブログ

毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

鮨正@北海道 千歳市

2019
01
疾風怒涛の出張強化月間4週目、日曜日移動で向かうは北海道は千歳市。自宅から一番遠い出張先なのですが、九州方面にある現場は近隣の空港から非常に遠く、だいたい新幹線と在来線乗り継ぎ、なので、時間的には意外に楽な移動。乗り物に乗っているのは実質3時間半ほど。

千歳1

で、半年ぶりほどで久々にやってきた伊丹空港。工事も完了しぐっと綺麗になりましたな。。お天気は快晴ではありませんが、そこそこ良好。で、16:00前の便に乗り、一路千歳に。

千歳2

折角の日中のフライトなので、こういうときは窓側の席を押さえようとする嬉しがりなのだ汗。テイクオフ後すぐに西宮上空で旋回し、大阪市内上空を北東に。神の視点を大満喫。 ちょこんと見える大阪城。

千歳3

その後、琵琶湖の西側を北東に向け進み、石川・岐阜の県境付近を通り過ぎ日本海に抜けるのだ。手前が立山、奥に見えるは黒部ダム湖。で、特に揺れることも無く無事定刻通りやってきた千歳。出張パックで予約したANAのホテルに荷物を置き、早速飯だ飯だ!ということに。たまたま観測史上初めて五月に旭川で35℃とかになった日なのですが、千歳は日中26℃ほどで、日が落ちると18℃ぐらいの快適温度。。(それでも地元の人は暑い!とのこと)

千歳4

京都駅から空港までのバスの中で、どこにしようかなあと悩み、日曜日夜はいつも行っているお手頃鮨店がお休みなので、新店開発だ!と、またまた今回も相方担当のK氏と二人、やってきたのがこちら。お店の名前は鮨正(すしまさ)、ご年配ご夫婦と息子さんが3人で回されている家族経営店。ネタ元はGoogleマップなり(最近、結構お世話になっております)

千歳5

とりあえずビールで乾杯。ここから10kmほど北西に行くとキリンビール千歳工場がある関係で、サッポロビールが強い北海道の中ではキリンが強い地域。(二駅向こうにはサッポロビール園がありますが・・)出来立てビールは美味しいですよ~と奥様。一番搾りですがなんだか普段呑んでいるのより軽やか・・。 

千歳6

京都から今やってきたとお伝えし、とりあえず北海道らしいものを切ってもらうことにするのだ。

千歳14

日曜日の19:00過ぎの時間帯。カウンターが御覧の5席、小上がり席が4人掛け2・2人掛け1。二階に大宴会場完備。間違ってもミシュランに乗るようなことは無い感じなのですが、こういう地元の方が使う普段使いのお店も大好き。速やかにほっこりできる雰囲気ですな。和む~。

千歳7

北海道では今まさにアスパラが旬だそうで、自家製の茹で白アスパラ、マカロニサラダ、鰯の南蛮漬けという、家庭的な突き出しが並ぶ。突っつきながら明日の作戦を練っていると・・

千歳8

だだーんとお刺身盛りが登場。つぶ貝にほっき貝、まず本州では目にしないにしんの刺身と鰯、マグロに、シャコ、それにホタテ貝という布陣。全部地元産ですよ~、と奥様。 にしんと鰯の脂の乗りに感心しつつ、にっこり~なのだ。

千歳9

明日はヘビィな本業が控えているのでお酒は控えめに、とは言え折角なので(滝汗)ちょっとだけ日本酒にしようかとメニューを確認。息子さんが「これ以外の隠し酒もありますよ~」と持ってきてくれたのがこちら。。

千歳10

左手は「あたごのまつ 彗星 純米大吟醸」なり。ラベルの絵は酒神「バッカス」で、「テルマエ・ロマエ」を描いたヤマザキマリ氏の手によるもの。東日本大震災の際、宮城の「新澤醸造店」にやってきた北海道からのボランティアへの感謝の印に、北海道向け限定で北海道産酒米「彗星」で醸された一品。いい話ですな&するりと呑みやすい系なのだ。
左手は、北海道の酒蔵「上川大雪 特別純米 きたしずく」なり。これも北海道産酒米「きたしずく」を使った限定品。旅行先でこういう地元産のお酒があると盛り上がりますな。。これも濃厚ではなく軽快バランス系で呑みやすい~。 (結局2合頂きました)

千歳11

百合根の天ぷら、それに旬のアスパラの天ぷら。ゆり根はほっくり、アスパラは超太いものですがこれも濃厚な味でなかなか美味しい。

千歳12

本シシャモがあるので、2つづつお願いする。いやー、北海道!ですな汗汗。お腹も程良い感じなので、〆は握りで、北海道らしいのを4貫づつ!とリクエスト。

千歳13

雲丹、それにいくら軍艦巻き、ボタン海老に紅鱒という期待通りの布陣。。。これまたほっこり!なのだ。

以上で、生ビール2、日本酒2と呑み量は控えめで¥13000!という納得価格。家庭的な雰囲気で肩ひじはらずほっこり食事、ならお勧めかもですな。ご馳走様でした、また来るかもです~。
 
 

◆鮨正(すしまさ)
住所:北海道千歳市幸町1-14-1
営業時間:17:00~23:00 火休
TEL:0123-24-6732



関連記事

0 Comments

Add your comment