FC2ブログ

毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

くまのワインハウス@東丸太町

2019
17
先週、飛び込みで行こうとしたフレンチバルが満席だったので、相方が金曜日のうちに予約してくれて、今日こそは!となった土曜日18:00。お天気はあまり麗しくなく、雨あがりの中、京阪丸太町駅から東に東に。

熊野ワインハウス1

お店の名前は、くまのワインハウス。名前の通り、丸太町通沿い、京大熊野寮の北向かいに今年の1月に出来たお店。扉が開け放たれ、向かいの寮の緑がまだ眩しい時間帯。

熊野ワインハウス2

18:00スタートで、我々が一組目の客。男前で物腰の柔らかい、まだ40才そこそこかなあ、ぐらいのソムリエ兼オーナーが一人回されているのだ。テーブル席に入れてもらう。

熊野ワインハウス3

基本ワインを楽しむお店で、黒板に書かれたフード類は少な目。が!ワインにピタリの厳選ビストロメニューにそそられてやってきたのですな。ネタ元はまたまた最年少呑み友のSちゃん。何時もお世話になっております。

熊野ワインハウス4

で、壁のラックに並んでいるボトルは、自然派が中心で¥4000~¥5000ぐらいの価格帯が多め。ボトルを呑んでくれ感が高いお店なのですが、グラスもあり泡¥1200、白ロゼ赤は¥900均一なのを教えてもらう。

熊野ワインハウス8

まずは、泡グラスで今日の労働に乾杯~。(とは言え、スーパー銭湯に行った以外何もしていない汗汗) Fleury pere & fils / Fleur de l’Europe Brut Nature、ピノ・ノワール85%、シャルドネ15%なり。普段呑まないクラスですが、これまた非常~にお手軽価格設定なのだ。

熊野ワインハウス5

で、Sちゃん大推薦の肉系とパンでワインがぶがぶ!という作戦なので、野菜も一つだけ貰っておこう!とお願いしたニンジンサラダは¥600なり。なに!このてんこ盛り!と驚くほどのしっかり量。オレンジの爽やかな風味で、泡や白が進みますな。

熊野ワインハウス7

で、これを食べにきた!の田舎風お肉のパテ(パテドカンパーニュ)は¥800なり。円柱から切り出しました!てな形状ですが、これまたしっかり量。若干塩強めなのですが、理由は明確。これだけでは不十分!なのだ。

熊野ワインハウス6

パテなどを更に美味しく食べるために存在する吉田パンは¥400なり。二切れで¥400かな・・、田舎風パン「カンパーニュ」ですが、しっとりとした食感で丁度良い密度感。サイズもかなり大ぶり。このパンとワインをあわせるために、メニューが存在しているような、そんな構成ですな。

熊野ワインハウス9

で、パン→ワイン→パン→ワインの無限ループに突入しそうな。パテに添えてあるマスタードが非常~に良い仕事をします。

熊野ワインハウス10

で、パテ消費1/3ほどで次のワインにスイッチ。ロゼ派の私は右手のイタリアは Vino Rosato Cantina Giardinoを。アリアーニコ100%でどう見ても軽めの赤!という色合いですが、スムース&フレッシュ。確かにロゼ的なツンツン感もありいの、美味しいです! 相方は仏ビオで、Le Raisin et I'Ange Blanc Nedjma Gilles Azzoniなり。 結構あちこちで見かけるエチケットですが相方もニッコリ。

熊野ワインハウス11

bistroで見かけるメニュー、茹で玉子マヨネーズは¥500なり。切った後の写真です~。このままナイフでザクザクと切れば旨いパンに合わないわけが無い!という、ベタメニュー。つい、パンも1切れ、追加方向で汗汗

熊野ワインハウス12

メインメニューは鶏ももロースト、それにイチボのローストもあるのですが、今日はこの後〆麺を食べに行く!という作戦なので、赤とパンに合うもう一品を頂くことにする。 私は右手の3リットル入り箱ワイン、伊ピエモンテのTenuta Migliavacca Vino Rossoを。これまた軽やかなビオなのですが、少々臭旨系。相方は右手の、伊 Il Maiolo Emilia Rosso 2005を。ルベーラ60%、ボナルダ20%、メルロー15%、カベルネ・ソーヴィニヨン5%.14年物!なのですが、これまた嫌なざらざら感もなく美味しいコスパ超優秀系。。。どこぞに売っていたら買うことにします!

熊野ワインハウス14

メニューには「ハム」となっているジャンボンブラン(豚ももの茹でハム)¥1000なり。これもパンと先の玉子、マスタードと激相性良すぎですなあ。。仕上げに麺類を食べたいので、これでお開き!ということに。以上で¥10000チョイ、という超超超納得価格。

こういう風に吉田パンと合うアテをパンと一緒に食べつつ、延々とワインを呑みたくなってしまう、意外にありそうでなさそうな良店。マスターが男前なのが理由なのか(汗)、帰るころにはカウンターは全員女性で埋まったのですが(汗)、近隣でワインが呑みたくなったら、ふらっとやってきたくなりそうなお店です。 また、来ます~。

 
 
 
◆くまのワインハウス
住所:京都市左京区東丸太町41-7
営業時間:18:00~翌1:00(L.O) 水休
TEL:090-7102-2348
関連記事

0 Comments

Add your comment