FC2ブログ

毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

ジビエ食堂でランチ(2)@西洞院蛸薬師下ル

2019
24
またまた、ランチネタに行くまでに余談満載でお送りいたします。
2004年からなので、もう15年目に突入している当blog。とは言え、引っ越し前の「関西どっとコム」blogは既に消失しておりますので、現在確認できる、一番古いネタは、このFC2の2016年5月ネタなのだ汗
で、書き始めてから、そこそこ一貫したポリシーで運営しているのですが、ネタにする上で一番大事にしていることが「好きになったお店のネタを書く」こと。ま、好き度レベルはお店ごとに色々ですが、読んでいただいている同じような趣味の方と幸せを共有したい、というのが基本ポリシー。おかげで、レセプションなどご招待があったお店には逆に(以後絶対に)近寄りませんのでまったく疎遠。最近、ちょっとお高いお店のネタが増えているのですが、基本、自腹!なお手頃なお店を追求しております。

で、好きになるお店の傾向は、①個人営業店 ②何か尖った特徴のあるお店(最近、Facebookで知り合った食べ歩き人同士では「HENTAI度が高いお店」と表現しております。) ③値付けがおかしい の三種類に大きく分類できそうな気がするのですな。
で、今回ご紹介するビストロは、①・②・③ともビシッと揃いそうなお若い25歳のシェフが1人回すお店なのだ。お店の名前はジビエ食堂、もう一年前に一度覗きに行って、これは定点観測だ!と思ったのですが、うっかり失念していて(汗)、最近、我がFB友がランチを始めたよ~と書いていたのに反応し、それなら行こう!となった一軒。
複数人の我がFB友で、HENTAI度がかなり高いことに気が付かれた人が増殖中。で、私はシェフがやっているお店のメーリングリストに最近参加しまして、ランチメニューにまたまたHENTAIなものを始められるのに気が付いて、速攻(でもないか汗)、で予約してやってきた土曜日、12:00。
 
ジビエ食堂1

お店の場所は、烏丸四条から西に徒歩5分ほど、西洞院蛸薬師下ル。

ジビエ食堂2

今回は、ランチメニューをテスト提供される日。一応予約してあるのですが、来るものは拒まないので誰でも入れる状態。この変態度の高いハンバーガーが今回のお目当て。

ジビエ食堂3

お久しぶりです~とシェフにご挨拶し、今日、7時入店でこのカウンター上に並ぶハンバーガー用のバンズを自作していた!という説明にビックリするのだ。バンズは、オリーブオイルたっぷり!の甘口で、イタリアの001という、粒子が細かく香りの良い小麦粉を使用している!と、お店のメールに書いてあったので、早速2人前注文する。

ジビエ食堂4

お料理が出てくるまでの時間調整用にこちらを注文。瓶ビールは赤星を採用しているお店です。
シェフは25才とお若いのですが、がっちりトークも出来る、カウンター店を一人で回せるタイプの人で(これ重要)、色々と情報交換しつつ、お料理を待つのだ。

ジビエ食堂5

で、暫しの後、出て来たハンバーガー。パテは猪肉!で150gという存在感抜群な一品。バンズは、マクドナルドサイズでなくてバーガーキングに匹敵する巨大さなのだ。CD・DVDサイズはありそうな。温泉玉子付きですが、玉子のサイズから、全体サイズを予想してください~。

ジビエ食堂6

写真が少ないので別角度の写真(滝汗)。小鉢に入っているのはオランデーズソース(バター+レモン果汁・卵黄+塩+黒コショウの緩いマヨ的な)なり。塩分控えめ&まろやかで、お若いシェフのセンスが垣間見えるのだ。

ジビエ食堂7

パテを切ってみました。猪だけでなく、自家製のベジョータベーコンの脂身を入れ込んでいるのが工夫。猪は「美味しい豚」なので、それほど特徴は無いのですが、タマネギやナツメグなどの香辛料を程よく練り込んで、且つ、低温真空調理!しているのがマニアックすぎなのだ。有りえない肉汁の密度、非常にジューシー。

ジビエ食堂8

これは更に呑むでしょう!と、グラスワインをお願いするのですが、なにせ¥400!というお手軽価格なのだ。にっこり。
で、ハンバーガーにアタック! パテが丸っこい+温泉玉子がつるんつるんすぎてバンズに挟むには不適切ですな。オランデーズソースは非常に美味しいのですが、緩すぎてこれまたハンバーガーには少々合わないかと。トマト&辛子系が確実かな。
猪のパテは美味しすぎ!なのですが、ハンバーガーとしてではなく、という感じ汗。 チャレンジャーのシェフが色々改善点を考えられそうなので、また面白いものに挑戦してくれそうな予感~。(猪ホットドックなら嬉しいかもですな。)
 
ジビエ食堂9

夜メニューはどんな感じですのん?と質問し、見せて頂いたのがこちら。前菜は有りえない充実度だと予測。京都で現在手に入るジビエ食材の状況を教えて頂くと、日本鹿は狩猟シーズンでなくても、良いのが色々入ってくるようですな。脂の乗ったエゾシカより日本鹿のほうが好きなシェフなのだ。猪は冬の狩猟シーズンまで待ち状態。


ジビエ食堂10

ランチを頂くと珈琲は¥100!ということですので、お願いしました、ほっこり。
ま、今回のメニューはハンバーガーではないのですが、これは近日夜にも来ないとなあ、という感想。近日、変な休みの日に来ていそうな予感ですな。ご馳走様でした! 
 
 
 
 

◆ジビエ食堂
住所:京都市中京区西洞院蛸薬師下ル古西町441
営業時間:17:00~23:00 不定休
TEL:075-7480-1389
関連記事

2 Comments

たかこ  

こんにちは!
いつも楽しく拝読させていただいております。
この日、夜にこちらへ伺っていました!
ハンバーガー食べにくいと不評やったと
オーナーシェフが仰ってました(笑)

2019/06/25 (Tue) 08:36 | EDIT | REPLY |   

suika_cotaro  

たしかに食べにくい!かも・・

> こんにちは!
> いつも楽しく拝読させていただいております。
> この日、夜にこちらへ伺っていました!
> ハンバーガー食べにくいと不評やったと
> オーナーシェフが仰ってました(笑)


今日私のネタを見てさっそく食べに行ったFB友から、パテが少々
小ぶりになり、デミグラスソースに変更されたハンバーガー¥1200!を
食べた模様です~。 いや、動きが速い早い。
シェフから、来週はカレーを作るというメッセージが汗

2019/06/25 (Tue) 20:11 | EDIT | REPLY |   

Add your comment