FC2ブログ

毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

出し巻と一品料理 宮で晩御飯(4)@丹波橋

2019
30
またまた、晩御飯なんぞ作る気力は無いですがな!となった金曜日。自宅着19:00チョイ過ぎ。10分ほどで帰ってきた相方に徒歩圏内で何か食べよう!と相談。 我が家は近鉄伏見駅から徒歩7分、京阪丹波橋駅まで徒歩11分ほどの住宅街の中にあるのですが、徒歩15分以内に良いレストランが結構何軒もあるので、最近、平日は遠いところに出かけたくなる率が激しく低下中。

宮1

で、相方の提案で、予約取れるかなあと我が家から徒歩5分チョイほどのほっこり和食店、宮に電話したら席が取れたので速攻移動するのだ。前日、気象庁観測開始以来、最も遅い梅雨入りになった近畿地方。なんだか風が強く、今にも泣き出しそうなお天気の中、速攻で宮に到着。女将さんのご趣味で季節の花に囲まれたファサード。

宮2

お久しぶりです~とご挨拶し、店内に。4人掛けの小上がりテーブルが2、カウンター6席のミニマル店。テーブルは埋まっていて、カウンター席に入れて頂くのだ。入り口の胡蝶蘭、店内にもいくつも大きな鉢植えがあるので、何?と思っていると、お誕生日祝いのお花だと、照れくさそうにご店主。元々、祇園の有名鰻割烹で料理長までやられていた方なので、そういう筋からのお祝いなんでしょう。 で、いつものように店内にぶら下げてある季節代わりの短冊メニューに目が釘付けの我々。

宮3

別アングル。「大きな毛ガニ¥2500」に、更にばばーんと!目が釘付けなのですが(汗)、あと一匹しかないとのことなので半分にして、お刺身を適当に盛り合わせで、ということに。

宮14

まずは瓶ビールで今週一週間の労働に乾杯!なのだ。品のいい切子のグラスで頂きます。

宮4

お決まりの突き出し(八寸)なり。奥の豆鉢には茹でイカ、それに胡瓜などが入った程よい濃度感の胡麻和え。ワタがほの苦くこれだけで日本酒!と思ってしまう小鮎の有馬煮、それに枝豆、新蓮根酒いり、茹で小エビという布陣。

宮5

当然日本酒にスイッチ!ということに。まずお願いした浦霞は¥800/一合なり。我々が日本酒呑みなのを覚えていてくれて、メニューは変えていないけれど、今日は別にお勧めが2種類ありますよ~、とご店主。後程頂くことに。

宮6

お刺身盛り合わせ。いやー、いつもながら非常に上質。左から、鱧落としは梅肉で、マグロ4貫(赤身とトロ)に、こりこり食感のシマアジ、雲丹、白身は赤ハタ、それにつぶ貝。あしらいも綺麗ですし、お味もバッチリ。ご店主本日一押しはぬったりとした食感で身が甘い赤ハタ。私はシマアジが良かったです。

宮7

お刺身半分ほどで浦霞が無くなったので、お勧めの隠し酒その1。春鹿の純米酒超辛口。辛いのですが、雑味なく意外にするりと呑めてしまうのだ。お料理にも触りませんし、なかなか良きチョイス。

宮8

で、!!!!と驚いた北海道産毛ガニ。仕入れに行ったら安くしておくので買って!と言われて2匹だけ仕入れたそうなのですが、この季節にこんな立派なものがあるのですねえ。身もしっかり、味も濃厚で美味しいです! 食べている間、基本超無口になってしまうのが唯一の欠点の¥1300という有りえない価格設定。もちろん、いつもあるわけではありませんが。

宮9

更に鯛カマのから揚げは¥800なり。かなり大きな鯛のカマですが、こういう風に揚げたものは初めてかも。皮がパリパリに御煎餅状になって、ジューシーな身と見事にマッチするのだ。御店主曰く、他の店ではあまり出さないでしょうねえ、とのこと。

宮10

更に隠し酒その2。乾坤一の純米吟醸原酒雄町なり。酒蔵と懇意にしてもらっているので、直接酒蔵から取っているそうです。濃厚芳醇系で、ボディしっかりなお味。アテがなくてもぐいぐい呑めてしまうタイプですが、相方が気に入って今日はこれを二合消化。

宮11

前回、八寸に入っていて美味しかったのを覚えていたので、お酒に合わせて注文した帆立貝柱のうに和え¥600を。こういうお手頃価格で、品の良いアテが揃っているので、このお店が好きなのだ。

宮12

で、〆にチョイスしたのは今回初挑戦、鶏親子鍋は¥980なり。出汁を利かせた親子丼の上側半分。アツアツをふうふう頂くのが良いですな。山椒ぱっぱで至福!なのですが・・

宮13

反則技、一人前だけ鶏かやくご飯を合わせて。いやー、いつもながらの大満足!でした。

以上で瓶ビール1、日本酒4合とそこそこ呑んで¥13000チョイ、という大納得のお支払い・・。既に我が家の定点観測店になっているのですが、大満足のご馳走様でした、また来ます!。


 

◆出し巻と一品料理 宮
住所:京都市伏見区東大国町1022-3 コーポ大黒1F
営業時間:17:30~LO21:00ごろ 水休
TEL:090-7351-6252

関連記事

0 Comments

Add your comment