FC2ブログ

毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

大衆割烹 河童@新潟県新潟市

2019
04
怒涛の出張強化月間、3か月目の9週目に突入した月曜日。朝は通常どおり大阪の事務所に出社し、16:00ぐらいからサプライヤーさんの工場がある新潟市に前入りする作戦。 新潟県に足を踏み入れるのは30うん年ぶりで新潟市はまったくの初めて。

河童0

今回チョイスしたのはJALの出張パック、往復便+ホテル一泊で¥24000なり。(JRの半額・・・汗)18:00前のフライトだったのですが、前日からの九州方面の大雨のせいか機材回しが難しいようで、しっかり20分遅れで出発。新潟上空、19:10過ぎ。あー、やっぱり米どころ!と分かりますな汗汗

河童1

で、空港から25分バス移動して新潟市へ。駅の北口から徒歩5分ほどの本日の宿にチェックインしたら、もう20:00チョイ、という時間帯。今回は調達部門のY氏と初めての同行。飯場所は移動のバスの中で事前に調べておきましたから!と、ホテルから徒歩2分ほどの「大衆割烹 河童」にやってきたのだ。最近、Googleマップでお店チョイスするパターンが増加中ですな。

河童3

入り口に「出張ビジネスマンの方大歓迎!」と張り紙がしてある、1人でも使いやすい、奥に向かって長ーいカウンター。結構席数は豊富。 テーブル席に案内されたのですが、カウンターが気分でしょ?と空いているカウンター席に入れてもらうのだ。本日のメニューがこちらですが、新潟周辺の魚介料理が色々食べられる海鮮居酒屋さん。メニューもそこそこ豊富ですな。

河童2

突き出しは、イカ酢に、もずく酢、お漬物、という日本酒を呑みましょう!という構成。で、Y氏の提案で、まず刺身盛り¥3400で2~3人前、というのをお願いすることに。 Y氏が思った以上にお酒好きなことが分かり、俄然楽しくなってくる私汗汗

河童4

で、ビールを呑みながら料理を待っていると5分ほどで、超ビックリなお刺身盛りが登場。いやー、これはたまげますな。。
普通、この量を2~3人前とは言わないでしょう!というしっかり量。基本、お料理の説明は何もないのですが、本日のメニューから推察すると北海道産の蛸に、マグロにつぶ貝、奥がスズキで天然ヒラマサが合計4切れ、甘エビにとろける真イカ、養殖らしいとろける佐渡銀鮭、という布陣。。。 質はそこそこですが、真イカとヒラマサはGOOD。これを見て、あー、今日はそんなに種類は食えないな!と覚悟しました汗汗

河童6

とはいえ、2人とも日本酒がイケる口というのがわかり、まずは、このメニューに釘付け状態。私は淡麗辛口系はどれかな、と思いつつ、3種類をチョイス。

河童5

こういう見たような形で出して貰えます。するりと呑みやすいお酒ばかり。Y氏も自分の好みの酒を注文し、明日の仕事を忘れてついつい頬が緩んでくるのですな汗

河童7

折角なので、何かアテを追加しましょうと2品追加。これはイカの沖漬け¥540!ですが、こういう風にシャリシャリに凍っているのもなかなか乙なお味ですな。溶けたほうが生臭さが強調されるので、軽めに溶けた時点でぱっくり、が正解。冷酒が進みます!

河童8

更に、栃尾の油揚げハーフはなんと¥320なり。香ばしくってフワフワで醤油と相思相愛の一品。美味しいです。

河童9

で、更に日本酒を一合単位で追加。こちらはあの化粧品メーカーのDHCがやられてている酒蔵、DHC酒造謹製「嘉山 純米吟醸 無濾過生原酒」なり。白ワイン系ですが、まだ日本酒的なうまみもありいの、という感じ。いやー、帰りに土産に買おうか無茶悩みました汗汗。 写真は忘れましたが、〆張鶴の生貯蔵吟醸、鶴齢の超淡麗なども呑んだように記憶。大体、税込み¥700~900/合というお値段も超嬉しい。。。

んで、〆にチョイスしたのは・・・

河童11

十日町そば 布海苔入りで¥620なり。新潟県魚沼地方は布海苔をつなぎに使った蕎麦「へぎそば」が名物なのですが、新潟県十日町市も美味しいお店が多いようで。固めの茹で加減で、軽く噛みしめると、しこしこ。グッと噛みしめるとシャキーンと切れるいさぎの良い腰がたまりませんです。超ウマ!&ボリュームもしっかり!な¥620なりでした。

河童10

入店時はほぼ満席だったのですが、22:00を回りカウンターに我々以外誰もいなくなったので、パチリ。
で、結局2人で5合ほど呑んで、御覧のお料理で¥10000割れ、という超!納得なお支払い。確かに「出張ビジネスマンの方大歓迎!」が納得なお店でした。新潟は出張パックで非常にお得に来れることが分かったので、また遊びに来たいな、と思いました! ご馳走様でした~。
 
 
 
◆大衆割烹 河童
住所:新潟県新潟市中央区東大通1-5-28
営業時間:17:00~23:00 日祝休
TEL:050-5872-7545
関連記事

0 Comments

Add your comment