FC2ブログ

毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

旬菜郷土料理 一隆 (いちりゅう) @島根県松江市

2019
28
怒涛の出張強化月間、3か月目の13週目。三連休の最終日「海の日」、に松江市まで前日移動し、本業の関連工場でお仕事、ということに。JR松江駅着が19:30過ぎという時間帯。駅から北に徒歩3分ほどのホテルにチェックインし、さあ、どこぞで飯でも食おうということに。岡山からの移動に使った「特急やくも」の車中で散々時間があったのでお店探しし、ホテルから徒歩5分ほどの気になる居酒屋さんに電話したら、スパッと席が取れるのだ。

一隆1

やってきたのは松江駅北側にある飲み屋街の中ほどに佇む「旬菜郷土料理 一隆 」(いちりゅう) なる、居酒屋割烹。松江にご縁が出来て5年目。大体どの居酒屋でも大満足になるのですが、日本酒が美味しい地域なので!、と祭日夜に営業しているお手軽郷土料理店を探し当てたのですな。

一隆2

メニューは、こんな感じ。ま、大体海鮮系居酒屋にありそうなものはありそうな。で、今回の同行者のN氏・U氏と3名で店内に。靴を脱いでゆっくりできる形式で、キッチンを囲む小上がりカウンターが10席。6名ほど入れる座敷にいれてもらう。

一隆3

大阪の事務所を14:00ぐらいに出てきたのですが、なんだか遠い松江。5時間の移動疲れを労うために生ビールで乾杯しつつ、気の効いた突き出しににんまり。ばい貝、イカゲソ酢味噌、鰯生姜煮、蒲鉾という布陣。

一隆4

店内の日替わりメニュー。お値段の表示はありませんが、後の支払いから考えると非常に良心的価格なのだ。注文を聞きに来てくれたお姉さんから「〆には自家製手打ち蕎麦がお勧め」と教えてもらい、それを2人前キープし、まずはお刺身だ!ということに。2人前で十分ですね、ということなのでそれでお願いする。

一隆5

うはー、これは超!ビジュアル良好。手前から、肉厚で脂がしっかり乗った天然いさき、今旬のこりこり真蛸、卸し生姜と合えてある鯵の叩き、さざえにイカ、という布陣。これは三人前頼んじゃうと後が続かないしっかり量ですな。 この三か月、日本の色々な海鮮居酒屋で刺身を食っているのですが、間違いなくベスト3に入ってくる新鮮さ、美味しさでした。 これは良い店に当たったなあ、と全員にんまり。

一隆8

折角なので日本酒が呑みたいなと、壁張りメニューに純米酒3種のみ比べがあるのでお願いする。右から七冠馬、にごりは王祿、それに月山の特別純米というスッキリ系日本酒好きなら間違いのない組み合わせで¥900!というお手頃価格。結局、三人ともお願いするのだ。

一隆6

ダシ巻き。ネギ入りですが、これが非常~にふるふるのトロトロで非常に上等。スフレのような滑らかさ。お上手ですな。。。

一隆7

島根和牛のタタキ。ま、量はチョッピリですが、ポン酢系で間違いないお味。

一隆9

夏野菜の天ぷら。太いアスパラに茄子にゴーヤにパプリカ、おくらにキノコ類などなど。さっくり揚がっていてこれまた上等上等。。抹茶塩で頂きます。

一隆11

で、気になる日本酒があったのでグラスで。八塩折酒(やしおりのさけ)なる、五穀米がはいった濁り酒なのですが、緩めのお粥のような濃度で、どことなくバナナジュース的な酸味と穀物の自然な甘み。これでお腹いっぱいになりそうな。。こういうのを呑むと旅行気分が盛り上がりますな。

一隆10

松江に来ました!なメニュー、しじみの漁師蒸し。ニラの風味がポイントですが、ま、お酒を呑む人なら間違いなく注文してしまうであろう、宍道湖からの恵みを感じる一品。

一隆12

豚の角煮のようなベタなメニューも確実に美味しい。白ご飯や日本酒にも合いそうな、しっかり甘辛味でとろっとろですな。で、いよいよ〆の島根蕎麦!ということに。

一隆13

三段になっていて、これで2人前。自家製麺ですが、かなり太めで短めの剛麺。腰は非常にしっかり~。醤油濃くダシ成分も濃い強いダシを少量ぶっかけて、薬味とともにずるるっと頂く趣向。で、余った汁を次の器に移していくのが松江風。大満足なりでした~。

で、明日朝早いので、生ビールが5、日本酒セットが3にグラスが1と呑み量は控えめで、以上で〆て¥16000ほどという超超!納得価格。いやー、この内容なら非常にお得!と言えますな。ちゃんと松江の地酒も頂けて大納得でホテルまでふらふらと帰るのだ。また、松江出張の際は使わせてもらいそうな予感ですな。 お勧めいたします!
 
 
 
 
◆旬菜郷土料理 一隆 (いちりゅう)
住所:島根県松江市伊勢宮町537-15
営業時間:17:30~22:30 (L.O. 22:00) 日休
TEL:050-5597-0232
 


一隆14

で、おまけネタ。1.5日の業務が完了し、再び戻ってきたJR松江駅。帰りのやくも発車まで1時間近くあるので、お土産屋さんはないかと駅ビル内にある商業施設「シャミネ」に移動。と・・・・

一隆15
 
日本酒販売コーナーの隅っこにこういう看板を見つけるのだ。だはは、にんまり。

一隆16

こちらでも三種呑み比べが御覧の価格で・・・。折角なので呑んでみて好みのものを買おう!ということに。

一隆17

こちらが¥1000セットなり。個人的には月山を買おう!ということに💦。アテも秀逸で一番右の「イカの麹漬け」がピリ辛味で超ウマなのだ。白ご飯にも間違いなく合う一品。

一隆18

今回の相方は¥700セットを。こちらでは李白にごり生酒が良いですな! 四合瓶で¥1300しないお手頃価格なのも嬉しい。で結局出張バックに四合瓶を2本詰め込み、京都に帰るのだ~。 多分、まだ続きます!
関連記事

0 Comments

Add your comment