FC2ブログ

毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

コリスでひさびさランチ会(13)@松原通

2019
01
FB友のYKPさんから、「コリス」に行ったことが無いKYさんやTKHさんをお誘いしようと6席テーブルのランチ予約が取れたのでご一緒しませんか?との嬉しいお誘い。普段、このblogをお読み頂いている奇特な読者様におかれましては、ご存知なお店だと思うのですが、我が駄blogで13回目の登場となる超お気に入り店。 

母娘3人が営む、メディア露出しない、知る人ぞ知るフレンチ洋食堂なのですが、洋食店が多い京都でも比較対象になるお店があまり無い形態のお店。懐かしい感じの美味しい洋食メニューに加えて、ワインに合うビストロメニューが色々揃っていて、それが常時50種類ほどスタンバイしているのが特徴なのだ。で、blogで全メニュー制覇を狙っている!などと書くので、席が取れた知り合いからお誘い頂けるわけで。とは言え、我々も一年ぶりの再訪。。。。

コリスの会1

で、京都駅に用事があったので、206系統バスでやってきた「清水口」。そこから歩いて3分ほどですかね。松原通沿いにこのようなお店が見えてくる。予約10分ほど前ですが、今回初コリスのKYさん、それに12回目ネタでコリスにお誘い頂いたソムリエールのMNさんとお店前で出くわすのだ。良いタイミング。

コリスの会2

お店に入るといつもの6人席で、初コリスのTKHさんが既に着席。今回主催のYKPさんも3分もかからず到着し、予約5分前に全員揃うキッチリさが嬉しい我々汗汗汗。(こういう食事会を仕掛ける側としますと、時間を守ってくれ、かつお食事が口に合うウケてくれる人が嬉しいわけで) 本日の黒板メニューがこちら。(洋食系はこれとは別に30種類近くあります) 
羊サホークってなんですか?と速攻で確認するのですが、顔が黒い「羊のショーン」のような羊なのだそうです。メインはそれを注文。後は定番物を中心にまずは厳選5皿を。
産休で暫く休まれていた下の娘さんも復活されていて、3名体制でめまぐるしい速度で、ランチから席がグルグル回転中。で、その中、3時間制限でゆったりさせていただくのだ。嬉しいですな~。

コリスの会3

泡のボトルをお願いし、まずはお酒を注文すると、自動的に人数分出てくる突き出しを頂くのだ。

コリスの会4

で、いつものお約束写真。コリスのお手軽泡と言えば!なバルセロナオリンピック公式カヴァ、西班牙のSegura Viudas Brut Reservaからスタート!なり。

コリスの会5

で、6人なので、御覧の量のパンが山積みになるのですが、初参加メンバーに、先があるので慎重に!と釘を刺す先駆者なのだ汗汗。(とはいえ、結局3時間半ほどまったりさせて頂いたので、相方とMNさん以外はほぼパン消化!でした)
添えてあるのはパンに付けるトマトそれに黒オリーブのペーストですが、パン以外の色々なものでソース的に使えるので、結局ペーストは全部綺麗に消化しました。

コリスの会6

YKPさん大推薦のこちらからスタート。定番の厚切りの自家製スモークサーモン、それにマンゴー。確か標準ではサーモンが4枚なので、人数分に調整してもらうのだ。マンゴーの甘味・酸味で印象が変わる皿なのですが、今日の出来栄えは二重丸。これをカリカリバゲットに乗っけて食べると素敵に美味しいのだ。

コリスの会7

野菜類が少なめの注文だったので、人数分の野菜サラダを出して貰う。アンディーブ(チコリ)に皮むきトマト、キュウリにレタスに紫玉ねぎ、見えておりませんが酸味少なめのポテトサラダなどなど。

コリスの会8

初制覇メニューから、経産牛のすね肉ゼリー寄せで¥2500なり。すね肉をほろほろになるまで煮込んでゼリーで固めてあるのですが、妙に塩辛いことも無く、肉の旨味満載系。

コリスの会9

非常~に久々に食べた、マグロのカツレツアンチョビソースで¥3300なり。過去食べたものはでっかい塊だったのですが流石に分け辛いので4切れほどに分割してあるものでした。あー、やっぱり美味しい!を再確認。このアンチョビがほのかに香るバターソースがもうたまらなく美味しいのですなあ。で、皆さんパン劇消化!丸いのはレーズンです。

コリスの会10

これまたこの夏定番の鱧フライでこれも人数分をお願いする。骨切していないのですが身がほこほこで、超ウマ。夏の定番、梅肉&落としでやっつけるのも美味しいですが、これもGOOD! (というか、こっちのほうが10倍好み汗汗)

コリスの会11

マスタードとレモンも美味しいのですが、トマトペーストも激ウマですのでよろしくお願いいたします。

コリスの会18

で、お酒写真をアップしておりませんが、泡→白→ロゼ泡→白→赤→赤と結局、ボトル合計6回分乾杯し、これが5回目。。写真が大杉ですので、ボトル写真は後程。

コリスの会12

メインはこちら。羊サホークのローストなり。隣にそのトリッパと夏野菜類の煮込みも付いているのだ。ローストは期待通りの見事なっ!火入れ。羊独特の香りは控えめですが、美味しい~。トリッパの煮込みもやわやわで野菜の旨味を吸って超ウマ。ワインが進みますな、自動的に。。。
で、初めに注文したのがここまで。初めにお約束していた撤収時間まで40分ほどなのですが、厳選〆メニューを2品!追加でお願いするのだ。

コリスの会13

結構お待ちして登場!の、ブルーチーズのリゾットで¥2200なり。6人前に分けてみましたの図。これまた赤ワインが激しく進むしっかり濃厚なアテリゾットなのですが、〆でも呑んでしまうワイン呑みには超お勧めいたします。

コリスの会14

で、初メンバーもおられるので、ビフカツサンドは当然注文するでしょう!ということに。いやー、久々にお会いしました。ちゃんと1人1個当たる見事な配分。

コリスの会15

脂分極少の赤身肉の良いところなのですが、柔らかく且つ過剰な味付けにしていないので、お腹パンパン!でも入ってしまう危険メニュー。黒オリーブのタップナードも意外に合いますのでぜひ。

コリスの会16

で、最後に空けたワインボトルの記念写真。右から順に空けました。白泡→白→ロゼ泡→白→赤→赤ですが、

・Segura Viudas Brut Reserva (スペイン辛口CAVA)
・PASCAL JOLIVET SANCERRE(仏ロアール ソーヴィニヨンブラン白)
・CREMANT D'ALSACE ROSE 2015 YANN DURRMANN (仏アルザス リースリングロゼ泡 ビオ)
・Friedrich Becker Eichenlaub Riesling trocken2011(独ファルツ リースリング白)
・Piccola Peste Rosso Veronese(伊ヴェネト コルヴィーナ主体の赤)
・HATEAU BERTRAND BRANEYRE CHATEAU BERTRAND   (仏メドック カベルネソーヴィニヨン主体の赤)


と、昼間から結構呑みました~。1人1本!で、結局、¥9300?/人!と過去のコリス最高価格だったのですが、呑み主体で食べ物は少な目なものをチョイスしたので結構余裕な感じで。とは言え、梅雨明けの超暑い松原通をふらふらと下っていくのは結構厳しい酔っ払い加減。相変わらずの大満足! コリスベスト人数はこの半個室で6人!を再確認し、また21:00に締まってしまうお店なので、のんびり・ゆったりするには、しっかりランチ!でも良いぞ!というのも再認識。。機会を作って(今度は自分達で予約を取って・・汗汗)再び6人でやってきたいと思います。ご馳走様でした~!
 
 
 
◆コリス
住所:京都市東山区松原通大和大路東入2丁目轆轤町101
営業時間:11:30~19:00(L.O) 閉店21:00 火休
TEL:075-561-9281
 
 
 
コリスの会17

川端通まで松原通の坂道をゆるゆると、下ってくると百日紅は大満開~。しかしまあ、暑いです。。。次回のコリスは、熱々グラタンや煮込み系なものが美味しい、寒い寒い季節に来たいかもです。
関連記事

0 Comments

Add your comment