FC2ブログ

毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

わかうら食堂@和歌山市新和歌浦

2019
13
更に、夏休みネタその4は、更に和歌山帰省ネタから。
和歌山市の海沿いにある懐かしの観光地、新和歌浦。50年前は団体旅行客が目指す一大観光地だったらしい。が、他の観光地との競争に負けてお客様が来なくなり、廃業する旅館・ホテルが目立ちだしたのが30年ほど前ごろかな。。その後、旅館の建物が再活用されずに廃墟化して大問題になっていたのですが、この数年、ようやくその廃墟をぼちぼちと撤去し、高級老人ホームが出来たり、地中海風ホテルが出来たりして、ようやく、往時の活気が戻りつつあるのだ。(とはいえ、まだ、ほんの少々の活気かな汗)

その中で、和歌浦漁港を見下ろす料亭「石泉閣」をリニューアルされたお洒落レストランを覗きに行ってきましたのでご報告。お店の名前は「わかうら食堂」、お盆休みという特異日なので、朝起きてから予約電話で席確保し、やってきました。

わかうら食堂1

ひさびさにやってきた和歌浦漁港。かなり様変わりしているのですが、元の魚市場跡地が駐車場になっていて、その中にわかうら食堂用に50台の駐車スペースが確保されているのだ。和歌浦の岬に向かう坂道を上がって直ぐに、そのわかうら食堂がある。しかし、まあ、良い天気なのですが、あっつい!日。

わかうら食堂2

こちらが入り口。「石泉閣」にも来たことが無いのでワクワクしつつ石段を上がるのだ。

わかうら食堂3

なかなか凄いものを作ってしまいましたなあ。。。二階建てで、一階はかなりゆったり目で、30人は楽々座れる待合いスペースになっていて、レストランフロアは二階。我々が来たときは誰も待っていなかったのですが、食事が終わった後は待合いもほぼ満席でびっくり。予約している者ですが~、と声掛けすると速攻で二階席に通される。ま、とりあえず予約しておくことをお勧めいたします。 

わかうら食堂4

思わず巨大シャンデリアに目を奪われるのですが、なかなかお洒落なリノベーション。天井が取り払われ、梁がむき出しなのですが、流石に鉄骨で耐震補強しないといけなさそう汗汗。
で、一番奥のテーブルに入れてもらったのですが、反対側の席は良く見えない汗汗。キッチンを囲むカウンター席が10席チョイ、窓側に設置されたベンチシート的な席や、6人掛けほどのソファ席など席アレンジは豊富。80席以上あり、席間もゆったり目なのだ。

わかうら食堂5

二階の窓からは和歌浦港からマリーナシティ、海南・下津方面まで一望できるのだ。ホリデー気分が盛り上がる装置なのですが、巨大な箱なので、少々エアコンの効きが甘いのが弱点かな。。汗汗。マリーナシティで花火をやっている日は、遠目でここから見学できそうです。

わかうら食堂6

ランチはこのような定食メニューで、正に食堂ですな。

わかうら食堂7

更に予約時にお願いしておいた方がよさそうなセットものもスタンバイ。夜は和歌山の食材に拘ったコース料理や鯛しゃぶ!など鍋料理なども頂ける模様。ちなみに朝8:00からモーニング迄やっておられます。 ま、今回は普通に定食を食っておこう!ということに。

わかうら食堂9

いつものパターンで、つい。ハイボールは¥480とかそれぐらいだったように記憶。どういう配分か超濃厚!だったのですが、にっこり。多分、普段の混雑レベルより相当お客さんが入っていて、キッチン内はてんてこ舞い!。しばし、お料理を待つのだ。

わかうら食堂10

で、まず登場の私注文、さんま灰干し定食¥980+しらす丼に変更で+¥200なり。和歌山人にはなじみが深い焼きたての「灰干しさんま」なり。他のおかず類は、こんにゃくと鰯の煮物に、ハムサラダに、大根なますに、白菜系の刻み漬に野菜がしっかり入った味噌汁という果てしなく普段使い系定食なのだ。

わかうら食堂11

で、あれば食べている気がするしらす丼。卸し生姜+お醤油少々で頂きます~。

わかうら食堂12

両親はてんぷら定食で¥1350なり。天ぷら以外のおかず類は共通なのだ。

わかうら食堂13

分けて貰っていないので(滝汗)、詳細は不明なのですが、見たところ海老2に大葉に茄子に舞茸、レンコンにシシトウ、サツマイモだと思われ。

わかうら食堂8

テーブルに紀南熊野灘の天然天日塩を3種置いてあり、それで頂く趣向。色付きの塩は、柚子塩、それに梅塩という和歌山らしいフレーバーなのだ。いいですな。

わかうら食堂14

相方はお刺身定食¥1400+しらす丼で+¥200なり。 お刺身は肉厚なカンパチが3貫、鮪にイカ、それに鯛。相方曰く、ま、こういうところとしては美味しい、との感想。

で、お茶も付いてくるのでホットコーヒーを頂いて充実ランチ完了(写真大!失念汗汗)。全体的にお味は、ま、悪くは無いのですが、特異日だったせいで完全に処理キャパシティをオーバーしていた模様。お料理の出てくる時間が10分以上差があったのが残念かな。良い箱なので、また、普通のお休みの日に覗きに来たいと思います~。 ご馳走様でした。
 
 
 
 
◆わかうら食堂
住所:和歌山県和歌山市新和歌浦4-16
営業時間:8:30~11:00 ランチ11:30~14:00 カフェ14:00~17:00 17:00~24:00
TEL:050-5597-3057
関連記事

0 Comments

Add your comment