FC2ブログ

毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

拉麺へんてこ、再び(2)@墨染

2019
03
15:00目標でおごと温泉駅ちかくにあるギャラリーに、柄にもなく書の個展を見学に行く予定の土曜日。
その前のランチは近所で食べようか~?と相方に相談すると、以前書いていたラーメン店に行ってみたいとのご希望。お!それは良いねえ、と我が家から徒歩20分ほどの墨染駅ちかくにあるラーメン店に行ってみることにしたのだ。

へんてこ1

3か月ぶりほどの再訪。お店の名前は、拉麺へんてこ。京阪墨染駅から北に2分ほどの人気うどん店「纏」(まとい)の斜め向かいに3月にオープンしたお店なのだ。御店主は、京都こってりラーメンの始祖「名門」のご出身で、レギュラーメニューの醤油はまさにその流れをくむ古典的な感じのラーメンなのですが、非常~に丁寧な仕事で、且つ私のふるさと、和歌山ラーメンと似た傾向なので一発に好きになったのですな。

へんてこ2

が、研究熱心な御店主で古典的なメニュー以外にもいろいろ開発されている。本日は、写真の次郎もどきと冷麺がスタンバっておりました。

へんてこ3

食券制で、超ミニミニな券売機が鎮座。カウンター席のみ10席あるかなあ、なのですが、本日は女性と御店主の2名体制。先客3名、という状況。全メニュー制覇が目標なので、相方は私がこの前食べた醤油、私は塩をチョイス。チャーシュー増しは¥200をカウンターで別払いする仕組み。

へんてこ4

前回、辛い唐揚げを食べたので、今回はノーマルバージョンを。¥400なりですが、結構大ぶりサイズ且つサクサクの熱々、下味しみしみ系でちゃんと美味しいのだ。

へんてこ5

で、相方チョイスの「へんてこ醤油」¥680なり。チャーシューが面積が大きめな白肉(バラ肉)2枚、若干厚みのある赤肉(肩ロース?)1枚に見直しされていました。スープは良く煮込まれた鶏ダシですが、ゼラチン質をしっかり感じる程よい濃度で、それを包み込むような円やかな醤油。全体的なバランスは非常~に良好。 個人的には和歌山に帰ってきた!という感じなのだ。(鶏ダシですので、個人的感想~、です汗。)

へんてこ7

で、スープに良く合っている中加水ほどの細ストレート麺。しこしこと腰も良好で、美味しい。いいですな~。

へんてこ6

私チョイスは「へんてこ塩」チャーシュー増しで¥680+200なり。仕事が綺麗ですな。チャーシューの面積と厚みがちがうので、ビジュアルは前回とはかなり変わっているのですが、チャーシューはちゃんと味も乗っていて柔らかく、ボリュームもしっかり~!で、+¥200とは超がんばっていると思いますなあ。
肝心の塩スープですが、第一印象は「お!薩摩っ子!」なのだ。わかりますかねえ。これまた50代の近畿圏在住ラーメン喰いには懐かしい感じで、程よい濃度。生姜+ニンニク少々、ですかね。また好きなメニューが増えてしまいました。

へんてこ8

ランチ時は、このチャーシューキムチマヨ丼ミニがセット価格でなんと¥200という太っ腹価格。マヨは無くてもOK!なので、その分キムチ乗せて~、かな。。汗汗。とは言えちゃんと美味しい、おまけとは言えないしっかりボリュームです。

今回は前回はメニューにあった「カレーラーメン」が無かったのですが、またお気に入りラーメン店「たぬき屋」と同様に、全メニュー制覇に向け、ちょこちょこお邪魔する予定です~。ご馳走様でした。
 
 
 

◆拉麺へんてこ
住所:京都市伏見区深草北新町648
営業時間:11:00~22:00(ランチは~15:00) 夜の限定メニュー有り
TEL:不明
関連記事

0 Comments

Add your comment