FC2ブログ

毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

うなぎ 串焼 たけ@滋賀県大津市

2019
04
土曜日のディナーネタ。 今日はお昼過ぎから「おごと温泉」近くにある洒落たギャラリーに、FB友の恒香さんの書画個展を見学に行くという、柄にもないアカデミックな活動だったのですが、夕方からはいつもの食べ歩きネタに突入するのだ。
お店の名前は「うなぎ 串焼 たけ」、店名の通り、鰻料理、それにディナーのみやっている焼き鳥がメインのお店。 実は、こちらの大津駅前爆裂CP居酒屋ネタの際に、いつもご一緒して頂いているSKさんが、ゼロ次会使いで覗かれていて、良いですよ~!と教えてもらったのですな。ようやく来れました。

たけ1

とりあえず、鰻は相方共々大好物!なので、ギャラリーを出て速攻で予約電話。18:00からの席を押さえてやってきたJR大津駅。大津駅の北口を出て、東に徒歩3分ほどの駅近物件。路地奥にあるので、意外に見つけにくいかもです。まだ平成だった4月オープンの物件。

先客はカウンター席に女性のおひとり様。。1階は2人テーブル2にキッチンを囲むL字型カウンター席が8席ほど。テーブル席に入れてもらう。コンパクトな店内ですが2階もあり、全30席のようだ。 かなりお若い30代に行っているの?ぐらいの小柄な御店主が、準備なのか1人独楽鼠状態で、心配になるほど。19:00を回ってようやく2人体制になって、なんだかほっとしたりするのだ。

たけ3

でとりあえず、ブラックニッカハイボール¥400を頂きつつ、メニューをしげしげと確認。

たけ2

字が小さいのですみません~。これが食事の全メニュー。アユやもろこなど季節により焼き魚メニューが追加される仕組みのようです。最高価格はうなぎ丼(上)で¥3200(お漬物、赤だし付き)と、昨今の鰻価格高騰の中では相当頑張っておられる価格設定。
で、我々の感覚では、鰻料理だけではランチのお店!という認識で、余程のことが無いと夜は近寄らないのですが、こちらは焼鳥がスタンバっているのが嬉しい。それも一串¥120~200までの超!お手頃価格設定。 これはそそりますなあ。 で、とりあえず焼き鳥数点などお酒のアテになりそうなものを注文。

たけ5

でまずは、ホルモン系大好きな相方の趣味で、皮にずりを注文。両方とも塩焼き。皮はねっちりとした食感を残し、ざっと炙りました的な方向性。ずりも乾く程度に軽く火を、と言う感じですな。サイズは比較的小ぶりですが、レモンが添えられていて、これで1本¥120!という超良心的価格設定。やるではありませんか。

たけ6

肝も¥120なり。確かにマニアック焼き鳥店のように、極少火入れで蕩ける~!と言う感じではありませんが、ほくほくした食感にタレの香ばしさがあって、更にこの価格設定なので、文句ありませんです。

たけ7

で、出てきて、ええええええー?!とテーブル上を二度見したお得メニュー。なんだかわかります? うざく、¥750なり。お手軽鰻店の鰻丼分ほど鰻が入っております。更に甘酢でいい感じの胡瓜がたまらなくGOOD!

たけ4

これは日本酒にスイッチでしょう?ということに。種類は多くは有りませんが、浅芽生、それに美冨久が¥500/一合という超!良心的価格設定。 とりあえず、たしか前日も呑んだ、香の泉の特別純米¥600からスタートしたような。

たけ8

更にこれも有りえないって!なつくねなり。軟骨を入れるような芸はありませんがフワフワ度は相当高め、程よい甘口タレ焼きに辛子が良く合いますな~の、驚きの¥140!。

たけ9

せせり。タレ焼きですが、噛みしめるとおつゆほとばしり系。サイズも結構大きめで、これまたGOODなのだ!の¥120なり。これまた驚きの。。。大規模焼き鳥チェーン店を楽々凌ぐありえないCP。

たけ11

ぼんじりは塩+レモンで。先端を半分に切ってある形ですが、これまた美味しい鳥脂がほとばしる~!の¥120なり。
で、既に近隣の皆さんにはメジャーな居酒屋になっているようで、一階席は早々に満席状態。次々に予約無しでやってくる客が断られ、残念そうに帰っていくのだ。とりあえず、来る前に電話!ですな。

たけ14

野菜も行っとけ!と、玉ねぎ(¥100ですが写真大失念!。。汗)の次の茄子!は¥120なり。添えてあるのは卸し生姜。テーブルにある醤油をちょんちょんとつければ熱々パラダイス~!ですな。火傷にお気をつけを。で、以上で焼き鳥は終わりにして、いよいよ〆を注文。

たけ13

肝焼き¥600も串焼きだったとは!なのですが、これが美味しい。火を入れ過ぎ、タレ乗せ過ぎのお店が多い中で、これは押さえた見事な火入れ。4個付ですが、大大大満足。(次回は、絶対に2本頼もう汗汗) で、いよいよメインディッシュなのです。

たけ15

うなぎ丼(小)¥800、うなぎ丼¥2500、うなぎ丼(上)¥3200というラインナップ。ご飯は少なくて良いので、小を2個頼むか、それ以外を半分こするか悩んだのですが、ここは上のビジュアルを確認したい!ということで。 いやー、これまた見事な火入れ。仕事が非常に綺麗。タレはご飯側に若干薄目のタレがやや多くかかっていて、鰻には全体的に浸透させている感じですな。 程よい濃度の赤だし、お漬物付き。

たけ16

当然、腹開きの地焼き鰻なのですが、かなり肉厚なものをチョイスされておりボリューム感も満点。身はさっくりふっくら、皮はねっちりと地焼きそのもので、火入れも非常に納得。(ちなみにS&Bですが、粉山椒、七味はテーブルにきっちり完備です~。焼き鳥用がメインかも?ですが)お腹も超ポンポンなり。

なんだか非常に我々向きのお店で大満足の大納得だったのですが、以上で支払いが更にびっくりで、ハイボール2に日本酒は確か3合で大満足となってしまい、¥10000を割るという超超超納得価格。。。多分、今後夜に鰻を食べたくなったら、三条商店街の「碓屋」かこちらのどちらをチョイスするか悩むと思う良店でした。(丹波橋の我が家から、移動時間もあまり変わらないという汗) ランチも非常にお得だ!という噂ですので、多分、また何かの拍子にランチに来ると思います。ご馳走様でした。
 
 
 
 
◆うなぎ 串焼 たけ
住所:滋賀県大津市梅林1-2-23
営業時間:11:00〜14:00 17:00〜21:00 不定休
TEL:050-5597-1482
関連記事

0 Comments

Add your comment