FC2ブログ

毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

大陸食堂 TYPHOON@綾小路通麩屋町西入

2019
09
バタバタしておりまして、5日ぶりの更新。生きておりますスイカです。
出張は無かったのですが、溜まっていたデスクワークが驚く勢いで迫ってきて、へとへとな一週間。またまた晩御飯など作れますかいな!となった金曜日(最近、このフレーズ多いな汗) 前日にそうなるのは予想出来ていて(滝汗)、業務終了後四条当たりで食おう!呑もう!ということに。チョイスしたのは、この8月にオープンしたばかりのエスニックバル「大陸食堂 TYPHOON」(タイフーン)なるお店。最近、京都市内に色々なジャンルの飲食店を出店されている都食堂グループの新店なのだ。

タイフーン1

お店は四条通からも近く、綾小路通麩屋町西入にある。お隣に人気フレンチバル、ジュメル29があるのが目印、とはいえ、入り口を開け張っているので、こちらのほうが遥かに目立ちますな汗汗。相方が待つ店内に。

タイフーン2

1Fはキッチンを囲むカウンター席で、10席以上楽々と言う感じ。既にカップルが3組、お一人様が1人と言う状況。一番奥に入れてもらう。未確認なのですが二階もあり、当日は4人ぐらいのグループ客が4組ほど吸い込まれていくのだ。 既になかなかの人気店。カウンター内には6人以上が激しく動き回っているのですが、うち現在、研修中が4名ほど言う感じかな。。汗

タイフーン3

とりあえずドリンクだ!とメニューを確認。普通に生ビールにアジア系瓶ビールなども豊富なのですが、面白いのがこちらのオリジナルお茶カクテル。緑茶に紅茶にウーロン茶、ジャスミン茶などお茶10種類を焼酎、ウイスキー、小豆酒、生姜酒に柚子酒などなど10種のお酒で割って提供されるのが面白い。100種類もあるので、どれかは好みに当たるだろう!というような作戦(滝汗) 字が小さくて読みにくいので、詳細は我がFBページでどうぞ(汗)

タイフーン5

相方が白ワイングラス¥490でまったりしていたので、私は折角なので!と、ブラックニッカのジャスミンティ割りというのに挑戦。。¥390なり。うーん、なんというか、お茶成分しっかりでなかなか美味しいかも。お手頃価格なのですが、もちょっとウイスキーが濃くても全然OKですので、よろしくお願いいたします。。
突き出しはごらんの揚げ海老せん。ポテサラなどを頼みディップにして頂くと美味しさ倍増。(というのに、後で気が付くのだ汗)

タイフーン4

で、お料理もかなり面白いのだ。メインは、ラム肉に鳥モモ肉、豚バラにソーセージ、つくねなど10種類の串焼きを、ギリシャや中国、タイにトルコやベトナムなどシルクロードにちなんだ10カ国由来のソースが選べるバーベキュー。これまた100種類の組み合わせが楽しめる趣向。ネット上の事前情報によるとラムが旨い!とのこと。 ラム3種類を含む10種類のお任せセットが¥3000なので、とりあえずそれをお願いしつつ、すぐ出て来そうなアテ類を2つほど注文。 そういうアジア系なアテ類も20種類ほどはありますかねえ。

タイフーン6

まずは、砂肝のナンプラー漬けで¥350なり。御覧のようにナンプラーを利かせた塩っけたっぷり、ガーリックしっかりな一品ですが、間違いなくお酒が進む一品。美味しいです~。

タイフーン7

更に、パクチー爆弾メンマで¥350なり。一辺1cm角ほどありそうで、しっかり味の乗ったメンマにパクチーぱらぱら!という超分かりやすいメニューなのですが、このメンマがラーメンに乗っていたら、相当嬉しいと思うメンマ好きには大推薦したい一品。

で、相方は小豆酒の緑茶割り、私は白グラスにスイッチしつつ、お次のBBQ!に少々仰け反るのだ。

タイフーン8

大きな角皿にででーんと登場。これは肉好きにはそそりますな~。全10種類ですが、基本ラムに鶏、牛に豚などの肉類がメインで、シーフードは海老のみという布陣。一串のボリュームも結構あるほうですが、目を引くのはやはりラムチョップですな。。。

タイフーン9

説明がむずかしいので小皿で取り分けてご説明。
手前は、ラムチョップで、ベトナム風パクチージェノベーゼソース。あー!パクチーの香り全開!自宅でもやろうと思ったとパクチー好きには大推薦な一品。奥は鶏モモのピーナツソース。インドネシアのサテアヤムですな。まろやか甘くて美味しいのだ。

タイフーン10

手前は日本風ラムチョップ。お味は塩コショウというシンプルで間違いないもの。火入れお上手。奥は牛タンで韓国風に唐辛子を利かせたヤンニョンソース。これまた乙なお味ですな。

タイフーン11

手前は、これはうまいじゃないの~!とニッコリな豚肩ロース。結構脂分多めなのですが、そこにギリシャ風の甘いハニーマスタードソースが超マッチング。奥は海老で、シンガポールバターで。相方がぺろっと食べたので未確認です、ハイ汗汗

タイフーン12

で、更にラムチョップでチャーニーズBBQソース。これも香港風焼き豚のような甘い蜂蜜を浸かったソースと思われ。奥はつくねのレッドカレーソース。ソースはタイ風ですが、つくねはふわッと系で良い感じなのだ。 あと2本、ズリ塩、手羽先のチャイニーズBBQがあったのですが、相方に食べられてしまい写真は省略。 しかし、この¥3000は肉食った感は相当ありますなあ。。

タイフーン13

で、どこでもポテサラ喰いですので、串が出たタイミングでエスニックポテトサラダ¥450を注文。ポテサラにマヨとタイ産スイートチリソースを練り込んで緩めに作り、上から先のパクチージェノベーゼソースを、という作戦。これは少々油の効いている海老せんに超合いますのでご一緒にどうぞ。 (海老せん、追加してもらえました。)

で、追加の一品物も揚げ物に炒め物、アヒージョなどなど目移りするのですが、BBQ食べたかったので厳選4種を注文。

タイフーン14

グラスワインはこのような可愛らしいグラスで登場します。赤白とも¥490と¥650の二種。

タイフーン15

超悩み、ラムチョップはトルコ風のレンズマメとトリュフソースで、それに豚肩ロース+パクチージェノベーゼで、イベリコ豚のソーセージはハニーマスタードで、豪州産ミスジはスパイシーフォアグラで、という布陣。
どれも、やるではないか~!なのですが、特筆すべきはレンズマメ。後でお聞きしたところに寄りますと、ちゃんとフォンドボーから炊き上げ、蜂蜜やバルサミコなどで味付けしているちゃんとしたフレンチレストランの付け合わせ的お味。一押ししておきます!

タイフーン16

そろそろ〆ましょうか?ということに。 これがまた、振れ幅の大きいメニュー選定が楽しい。鯖サンドが食べたかったのですが、相方のご飯ものが良いんじゃないの?の提案でこちらをチョイス。

タイフーン17

シンガポールチキンライスで¥950なり。 ランチはこれとスープかビールでもあれば納得!てなしっかり量でした。ちゃんと長粒米のブレンドをお使いで、鶏も柔らかく、さっぱりあっさりと仕上げするならいい感じのチョイスでした。旨かったなり!

で、呑んだ量がお茶カクテルが2、白グラス4、赤2と結構呑んで以上で¥12000ほど。お値段的には全然納得価格。いやー、やっぱり、我が家でもBBQではラムチョップが一押しですな。次回はラムチョップだけ全種類食べ比べとかしてやろうかしらん、と妄想中。(それでも¥5000っほどなので全然納得価格。。汗) 間違いなく、またお邪魔することになると思います。ご馳走様でした~。
 
 
 
◆大陸食堂 TYPHOON
住所:京都市下京区綾小路通麩屋町西入ル塩屋町80-2
営業時間:【月~金】17:30~25:00 (24:30 L.O.)
       【日・祝】17:30~23:00 (22:30 L.O) 不定休
TEL:050-5597-5448
関連記事

0 Comments

Add your comment