FC2ブログ

毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

お料理とお酒 ふくら@河原町荒神口下ル東側

2019
14
相方ともども三連休に突入する金曜日。2日ほど前に予約しておいた和食店を目指すのだ。お店の名前は「お料理とお酒 ふくら」なり。またまた複数の我がFB友から、大推薦頂いたお店。場所は河原町荒神口下ル。この辺り、お気に入りのお店など結構いい感じの個人経営飲食店が立ち並ぶ、のんびりと散歩するのが好きなところ。河原町丸太町から5分ほど上がった場所。

ふくら1

19:30予約でお願いしておいたのですが、勢い良すぎで15分ほど前に私だけ到着。先にお店に入って待っておこうということに。
カウンター席が10席ほど、4人掛けテーブル席が1という、ゆったり目にしつらえられたこじんまり店内を、馳走いなせやご出身の御店主と、奥様の二人三脚で回す、ほっこり割烹。令和になってすぐ、5/15にオープンされたお店。
御店主が白い割烹服ではなく、ストライプシャツにエプロンというカフェ店員さん的ユニフォームなのが和食店!という緊張感が和らぐ、気軽な感じ。が、お料理は非常に本格的なのだ。

ふくら2

京阪三条から歩いてきて、少々汗をかいていたのでメニューも確認せず、まずは生ビールを!とお願いしてしまう。なんだかボタニカルな味わい深いビールだなと思ったら・・

ふくら3

ビールサーバーにあるように、サッポロの「SORACHI1984」なる銘柄。過去呑んだ記憶が無いのですが、これは美味しいなあ!と思った生中¥700。ビールを呑んでいるうちに相方も登場し、小¥590で、本日の労働に乾杯!ということに。

ふくら5

で、メニューの一部がこちら。現在、¥4500のお決まり「未完」を出されているのですが、未完とは未完成の意味で、最後の食事は付いておらず、全6皿が出てくるコース仕立て。これ以外のアラカルトもかなり豊富でざっと30種類ほどはスタンバイ。予約時にこの未完をお願いしていたので、最後のメイン料理のみ4種類からチョイスするのだ。もちろん、1人一品です。

ふくら6

まずは、ガラスの蓋つき椀に入って涼しげにサーブされたのは、酢でしめた鱒、梨にマスカットの菊花おろし和え。角の取れた優しい酸味で美味しい。これは日本酒へスイッチだよなあということに。

ふくら7

写真が小さくてスミマセン~。お酒メニューは相当豊富な部類で、日本酒も30種類ほどはスタンバイ。。。目移りしますな。。。しかし、手書きの、それも万年筆なのかペン書きメニューとは味がありますなあ。

ふくら8

でまずは、大信州の辛口純米吟醸からゆるゆるとスタートなり。メニューの値段はグラス5勺売りで¥700~800ぐらいなのですが、全て+¥200で7勺の可愛い片口入りになります。以後全部その方法で、お猪口で頂く作戦。

ふくら9

お次は、松茸と鱧の椀物。今シーズンお初かな。。出汁に柑橘系の果汁を絞り込んだ爽やかで意外に濃厚なお味。美味しいです。

ふくら10

お料理が美味しいので、ついついお酒のピッチが上がるのですが、お次は過去呑んだ記憶が無い岡山の地酒、神心(かみこころ)純米なり。いやー相乗効果で更に美味しいです。

ふくら11

お造りは蕩ける鰹、ほんのり酢締めしている鯖という布陣。これまた手堅い一品。量も大納得。

ふくら12

で、鯖の脂にピッタリなぬる燗で、青森の七郎兵衛特別純米生原酒を。これもあまりお見掛けした記憶が無いのですが、程よい酸でほっこりですなあ。ようやく日が落ちた時間帯には秋の気配を感じられるようになった京都、我ながらナイスな選択汗汗

ふくら13

炊き合わせは、ニシン茄子という鉄板なものですが、これも日本酒が進みまくるお味。。

ふくら14

更に色々合わせてみるのだ。石川は菊姫濁り酒。とろーんと濃厚ですが、意外に煮物に合うような気がします汗汗。

ふくら15

この段階で「長月の盛り込み」なる、八寸的なものが。びっくりしました。赤いのは万願寺とじゃこの炊いたん、甘い玉子焼には鱧とコーンが入っているのが斬新。フライは精進料理でこんにゃくなのかダシの旨味を満載に吸ったものをカリッと揚げてある。畳いわしに隠れている、アワビ茸のピクルス、酢で〆た白身の握り寿司につぶ貝旨煮という、これまた呑めますな~という布陣。

ふくら16

合わせるのは、滋賀ご出身の御店主お勧めの「杣の天狗 木槽天秤しぼり生原酒」なり。 で、最後のメイン料理が。

ふくら17

相方チョイスは、火入ればっちりな鰆の西京焼。いやー、脂乗りも程よく、味もしっかり入っていて最強!(洒落ではありません汗) 付け合わせが変わっていて、ジャガイモの千切りに自家製のツナをあわせたオリジナルポテトサラダ、と言うのがこれまた面白いのだ。

ふくら18

私は+¥700加算メニューの鴨黒胡椒焼なり。火入れもバッチリ、結構しっかりした食感で、肉食った満足感がありますな。粒マスタードが利いた甘いソースが良く合いますな。お勧めいたします。
で、お酒呑みすぎで、少々お腹いっぱい目!なのですが(汗)、初めに注文しておいた〆メニューは別腹だ!とわくわくと待つのだ。

ふくら19

あわび茸と北海道産とうもろこしの焼き込みご飯は¥1600(二合!)なり。炊きあがるまで30分ほどかかるので、お早めに注文を。

ふくら20

ほんのりバターを利かせたご飯に超甘く、しゃくっと歯ごたえの良いとうもろこし、それにしこしこ心地よい食感の茸がナイスマッチング!なのですが、流石に食べ過ぎで私が二膳、相方が一膳だけで、残りは持ち帰りに。いやはや、食った食った大満足なり。。。

ふくら4

お店雰囲気写真。結局このテーブルにも予約客が入り、20:00ごろにはほぼ満席になりました。21:00以降ならお一人様飛び込みでもOK!というような状況。
以上で生ビール中1、小1と日本酒3.5合を結構呑んで、〆て¥17000チョイ。この質でこれだけ呑んでなので大大大!納得価格ですな。10月から未完が¥4800に値上がりするようなので、良きタイミングでした。 非常~に気に入りましたので、多分近日、お友達をお誘いし、四人掛けテーブルを確保している気がします。 また来ます!
 
 
 
◆お料理とお酒 ふくら
住所:京都市上京区河原町荒神口下ル上生洲町220-1
営業時間:12:00~14:30 (LO13:30) 17:30~22:30  不定休+第三日休
TEL:075-252-0505

関連記事

0 Comments

Add your comment