FC2ブログ

毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

乍旨司 (さしす)@二条通西洞院西入

2019
23
最近、金曜日の定番になりつつある、へとへとな一週間対応で晩御飯など作れますかいな!…ということに。
で、またまたFB友から教えて頂いた日本酒がイケる居酒屋さんを目指すのだ。最寄り駅は地下鉄二条城前でそこから歩いて5分ほどですかねえ。

乍旨司1

そぼふる小雨の中、前日予約でやってきたのは二条通西洞院西入。お店の名前は乍旨司 (さしす) 。西院にある日本酒呑みならまず知っている人気居酒屋「さかぶくろ」の二号店のようです。7月オープンでようやく来れました。店内に。

乍旨司2

奥に向かって細長いカウンター席が8席で、御店主の真ん前に常連と思しきお一人様が1名。その後ろに四人テーブルがあり、仕事帰りのおじさんグループが3名、奥に8人まで入れる小上がり1つという状況。トークも軽快な御店主とアルバイトのお姉さんの2名体制。カウンターの隅っこに陣取る。カウンター前に、常温保管の日本酒がずらずらーっと並んでいるのは壮観ですな。こちらも燗酒・常温押しのお店なのだ。

乍旨司3

本日のお料理メニューがこちら。特徴はアテに出来る巻き寿司を色々とそろえておられるところ。魚系アテが好きな人ならハマるものがいくつもありそうな予感。 これとは別にすぐ出てくるアテメニューが8種ほどありましたかね。

乍旨司4

で、日本酒メニュー。カウンターの奥に冷蔵庫があり、そちらにこのメニューに書いていない冷酒が10種類ほどあり、種類はかなり豊富な部類。

乍旨司5

相方が先に入店して、ビールでまったりしていたので、私もそれに乗っかることに。突き出しは鶏肉と万願寺を甘辛く炊いたおばんざい的な。間違いのないお味~。

乍旨司6

とりあえずスピードメニューのアテ盛り3種をお願いしたら「ちょっと盛りすぎましたかね汗」と御店主。右からおからが入ったオリジナルポテサラ(酸味の効いた面白い味)、つるむらさきのお浸し、自家製の生シラスの塩辛、それにボタン海老の塩辛、醤油豆にめざし、というこれは早急に日本酒にスイッチだよね、という見事な布陣。

乍旨司7

常温で行きたいのでお勧めはありますかね?とお願いし、出して頂いたのは静岡の「杉錦 生酛純米八十八」なり。常温で呑むと体が疲れているとき、腹にじわじわと染み込むような感じで美味しいですな。酸味に特徴がある、味のある酒なのだ。基本お酒は一合売りで、¥900均一と言う、計算しやすい価格なのもGOODですな。

乍旨司8

で、お刺身は一貫ずつの盛り合わせで。1人ずつ盛り分けて頂けたのですが、これが非常~に上質。今炙りました!な鱧焼霜、白身なのに驚くほど脂の乗った八角、隠れておりますが、しっかり量の本マグロ赤身、それに福井ですか!的な厚み2cmほどの天然鰤、結構しっかり〆てある〆鯖という布陣。いやー、良いですなこれは。激しくニッコリ!なのだ。

乍旨司9

今日は常温で行くぞ!と更にお勧めを出して貰う。島根から「十旭日 改良雄町純米酒」を。京都でも人気のある酒蔵で、出しているお店は多いのですが、燗酒・常温が美味しいお酒ですな。

乍旨司10

のどぐろのから揚げは¥600なり。可愛らしいサイズなのですが、頭も半割にしてそのままから揚げに。さっくさっくと歯ごたえ良好で、日本酒がぐいぐいと進んでしまう感じ。

乍旨司11

鰤カマは¥1080なり。激しく美味しいサラサラ脂の塊のようなお料理。文句無し~。

乍旨司12

更にお勧めの日本酒。「山陰東郷 福羅 純米」なり。27BYという古酒ですが、そこまで熟成感が強いものではなく、軽~く紹興酒的なしっかりニュアンスに。大丈夫ですかね?と心配してくれる御店主に、こういうのも濃いお料理に合いますよね!とにっこりなのだ。

乍旨司13

相方の強い熱望で、更に揚げ物1つ。白エビとゴーヤのかき揚げで¥850なり。揚げ物お上手ですな~、さっくりと軽やかで美味しい~。

乍旨司14

で、最後は巻き寿司なので、冷酒にしよう!と相方と意見一致。徳島から「芳水 純米吟醸酒 淡遠」をチョイス。相方が徳島に遊びに行ったときに立ち寄った割烹で呑んだ徳島の地酒が美味しかった!と未だに言うのですが、爽やかな酸味があり美味しい。
それに合わせるアテ寿司は・・・

乍旨司15

雲丹なみだ巻は¥1200なり。細巻もこう盛り付けると、ゴージャスに見えますな汗汗。一口でぱっくり!なのですが、山葵に爽やかな辛味が美味しい。

乍旨司16

鰻は¥980なり。仕上げに粉山椒をグラインダーでぱらぱらと。いやーまちがいありませんです、はい。

生ビー2に日本酒4合と、我々とするとそこそこしっかり目に呑んで、以上で¥13000チョイ、という大大納得価格。お酒も美味しいし、お料理も抜かりなく、ほっこりまったりできる良店。こういうしっかり晩御飯使いでも「アテ寿司バル」的に1人でさっと、でもOKな使えるお店。奥の小上がりでだらだら呑むのも素敵そうな予感ですな。非常~に気に入りましたので、多分又来そうな予感。ご馳走様でした~。
 

 
 
◆乍旨司(さしす)
住所:京都市中京区西大黒町336-10
営業時間:17:00~23:00 水休
TEL:075-744-6615



関連記事

0 Comments

Add your comment