FC2ブログ

毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

焼肉 にくしま(2)で、持ち込み肉まみれの会@烏丸通丸太町下ル

2019
25
んで、土曜日のディナーネタは久々の大ネタですので、よろしくお願いいたします。

1か月前に初めて訪問した、烏丸通丸太町下ルにある焼肉店「にくしま」。前回訪問した際に、二階が会員制と言うのを聞いて、どういうことなのですか?!と質問したら、店長さん曰く、以前の河原町仏光寺のお店で、グループで予約が入っていてもいきなりのドタキャン連絡や、予約しても時間に来ないお客さんが非常に多くて困っておられて、そんな人は繋がらない電話番号を置いていくので、ちゃんと繋がる電話と名前を登録すると、無料で会員になれるようにしたのですよ!というのを聞いて、それは大変だと、速攻で会員になったのだ。

で、二階席は、会員向けは¥5400コース(税込み)が標準で、且つ呑み放題2時間制限(撤収は2時間半ぐらい・・)、持ち込みはなんとフリーでOK!とのことで、前日17:00までのキャンセル分以降の人数変更は支払いが発生する、ま、至極当然の仕組み。それは面白いですねえ、と別日に来て二階を見せてもらったら、ま、ビールケース机の簡単な造りなのですが、貸して貰えるキッチンもあって(俎板・包丁もOK)、冷蔵庫で持ち込みの酒も冷やせることが判明。これは遊べそうだ!と、速攻で予約を入れたのですな。

にくしま1

で、二階はMAX24名は可能!と店長は仰るのですが、私やSKさんのように1人で空間を2人分占有するようなメンバーが混ざっているので、1か月ほど超悩んで16名にお声掛け。地下鉄丸太町駅の三番出口を出て、右に首をひねるとお店の提灯が見えている超!駅近物件。

にくしま2

で、二階にトントンと登るのだ。本日のコースメニューがこちら。●●が食べたい!などのリクエストも事前に可能ですが、店長曰く「普通、超!お腹いっぱいになると思います!」とのこと。で、今回はこの¥5400コースに¥2000多めに徴収し、焼肉に合いそうな日本酒の持ち込みと、いくつか思いついたお肉以外の食材!を追加する作戦なのだ。

にくしま3

で、集まってくる好き者16名。誰もいない間の写真を忘れたので、こちらを汗。アサヒビールのケースが足の簡単なテーブルですが、8人掛け2セットを準備して頂いておりました。とは言え、この空間で24名入れるのはかなりの暴挙と言うか、お勧めはしません~。16名が頃合いと言うかMAXというか。(奥の人は、座るとトイレに移動できなくなるかも汗汗)

にくしま4

お料理はこの新鮮盛り3種(生センマイ、自分でさっと焼きレバー、塩昆布で味付けしたユッケ)からスタートなり。更にテーブルにはキムチ三種盛り、それにもやしナムル・茄子ナムルが。今回、諸事情で自分で撮った写真が極少で、参加メンバーからお借りしておりますので、適宜、写真も端折りつつ、ほぼ備忘録としてご紹介汗汗

にくしま5

いつもの乾杯!のあと(写真が20枚超えるのと、8人単位だったので割愛!汗)、まずはブリスケの焼きしゃぶから、だだーんと登場! これはさっと炙ってポン酢で頂きます。これで8人前。

にくしま6

で、合わせて焼肉スタートといえば!のタン盛り合わせも出てくる。万願寺唐辛子は持ち込み。その他、色々映り込んでおりますが。。

にくしま8

タン盛り合わせは、1cmはありそうな厚切りが各自1、それにたっぷり量の薄切り(それでも冷凍肉を使っているお店よりはかなり厚め)に一人3枚見当に、タン先1人2枚見当・・てなところですかね。

にくしま7

レモンにポン酢、焼肉のタレ2種に岩塩はスタンバっておるのですが、折角なので!と、八百一から仕入れてきた生山葵。辛味よりも風味!と言う感じなのですが、超たっぷりつけると旨し~! (で、鮫皮卸しは持っていなかったのでこの機会に、御覧の冗談のような山葵おろしも、割り勘外自宅予算で買いました汗。2018年のグッドデザイン賞受賞!だそうです。まるでクリームのように卸せます~の¥5000弱。)

にくしま9

で、この季節、焼肉店でこういう会をしてみたかった理由がこちら。会費で仕入れてきた松茸。もちろん、中国産とカナダ産で、味比べしてみようという作戦。次の日台風予報だったせいか安売りしていて、ざっとこの倍量で¥11500(税別:カナダ産:八百一&中国産:藤井大丸)でした。午前中、色々お店を回ったのですが、他店よりも少々高いけれど、品物の信頼性はやはり!と言う感じ。

にくしま10

後は呑んで騒いでしっかり食べる!のだ。個人的には、今回は中国産のほうがより松茸らしい食感(カナダ産は香りは良いのですが、少々固いかな)のような気がしました。

にくしま12

で、持ち込んできたお酒、松茸に合うんじゃないの?とYPさんにチョイスしてもらった、福岡は「三井の寿ひやおろし 秋純吟 Porcini」なり。キノコ繋がりということで。多分、今回の酒で一番日本酒らしかったかも?なのがこちら。

にくしま13

更に長野の「真澄 純米吟醸 やわ風」なり。白ワイン系の中でも更にスルスルと呑める13度の低アルコール酒。軽やかこの上なし!なのだ。 これ以外に、YPさんの秘蔵酒、我が街伏見から「純米大吟醸 京纏」(絶対に我が家では自宅用には買わない上等なお酒汗)や、 私が持ち込んだ「越後鶴亀 ワイン酵母仕込み 純米吟醸」やら、「白木久 円熟純米原酒」なども開けました。

にくしま14

が!お店に合ったこのマッコリに大半のメンバーが釘付け状態。結局5本空けたと思います汗。やっぱり焼肉にはコレか~!という感想(とはいえ、冷のPorciniや越後鶴亀もかなり合う!という発見。色々呑み比べるのが吉!)
ちなみに、呑み放題には生ビールサーバー(自分で操作する)、瓶ビール、デュワーズハイボール(サーバー有り)、角ハイボール(自分で瓶から注ぎ、炭酸水サーバーで作る)、レモンチューハイ(サーバー有り)、二階堂など焼酎が別に2種、マッコリ2種にソフトドリンク数種が含まれており、ま、普通、追加で酒を持ってくる必然性は少ないような気がします!

にくしま11

で、松茸はアルミホイルで包んで、醤油&みりん&バター焼ででも消化。スダチを掛けて・・

にくしま15

で、更にお肉で、本日のタレ焼肉3種盛りなり。これも8人前。バラ、ロース、てな部位ですな。予約の際、赤身肉重視でお願いします!とリクエストしておいたのですが、いやー、脂しっかり系でも食っちゃえば美味しいのだ汗汗。 生山葵バンバン消化! 

にくしま16

更にホルモンが出たのですが、シマチョウ以外は食った覚えがほぼありません~汗汗。(そういうメンバーが結構居られた模様)

にくしま17

で、この時点で2時間ほど経過。大鍋で冷麺が出てきたので、取り分けて皆でサーブを。非常にさっぱりとしたお味で、最後の〆には非常に適切。で、サービスの状況なのですが基本、お酒は注ぎに来てくれない(セルフサービス)ですし、テーブルまでお料理は持ってきてくれるのですが、取り分け等も適宜自分たちで!という「ほっとかれ感」満載な設定。が、そういうのが逆に嬉しい我々。(ほっとくと、キッチンで皿まで洗ってしまう人間が多数なので汗汗)

で、キッチンには5合炊きの白ご飯満載の電子ジャー完備!なのを発見していて、焼肉タイム中はだれも食べなかったので(だれも焼肉には白ご飯!とは言いださないお年頃汗)、一部メンバーは〆用に焼きおにぎり用に、おにぎりをにぎにぎしている真っ最中だったのですが。。。

にくしま19

手違いでまだハラミを出していませんでした~!(滝汗)と、追加でこういう1つ200g近くありそうな塊肉が6つ!も出てくるのがびっくり。(いや、サプライズではなくて、本当に手違いだった模様です。。。だはは。)

にくしま18

で、一部コンロで焼きおにぎり(ぴりりと刺激のある唐辛子味噌はスイカ家謹製)を焼き焼きしつつ・・・・

にくしま20

一部コンロでは、塊肉ハラミをハサミでチョキチョキして、これまた大堪能!なのだ。いやはや食った食った。〆に柚子シャーベットが出たらしいのですが、これまた忘却の彼方~。

以上で¥7400なので、参加メンバーの満足度は相当高かった模様で、幹事としても相当ににっこりなのだ。良くしゃべり、良く呑み、良く笑った一日でした。お腹パンパンなり! (多分、一番満足したのは、最後にじゃんけんに勝って松茸を6本ほど持ち帰ったMDRさん!(笑)) また、近日何かを仕掛けようと検討中です~!

が、にくしまも相当面白いお店ですので、空いている日に何かテーマを設定してワイワイやりたいかも!ですな。 焼肉変わった味付け大会!とか、釣りたて海鮮と焼肉を合わせる会!とか、なにかテーマがありましたら、アイデア募集中です~。




◆焼肉 にくしま
住所:京都市中京区烏丸通丸太町下ル大倉町207-2
営業時間:17:30~翌0:00 不定休
TEL:050-5589-4826
関連記事

0 Comments

Add your comment