FC2ブログ

毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

料理屋 しん谷@中書島

2019
17
いつものごとく、Facebookの京都食べ歩き系グループを覗いていると、中書島にあった人気イタリアン「センプリチェ」の移転跡地に、新しい和食店が9/20、オープンしたとの情報をGET。その書き込みを見た瞬間に予約電話を入れておりました汗。祭日の月曜日にも営業されているので、ランチ予約!ということで。

しん谷1

で、台風19号が過ぎ去り、ラグビーワールドカップで日本がベスト8の切符を掴み取った次の日、ランチタイムにやってきたのですな。おー!あのセンプリチェ跡地が和食屋っぽくなっている!と店内に。

しん谷5

入り口そばの6席まで入れるテーブル席、それに御覧のカウンター席が9席、かな。カウンターの一番奥に席確保なり。巨大な一枚板のお洒落なカウンター、奥には和風そのものな綺麗な坪庭まで出来ていて、以前とは相当雰囲気が変わりましたなあ。このお店もお若いご夫婦2人で回されているのだ。 テーブル席には先客1組なのですが、我々が入ってから、どんどんお客様がやってきて12:30には満席になったのだ。皆さん、鼻が利きますなあ。 

しん谷2

ランチメニューは現在こちらの一種類。玉手箱ランチは¥2500なり!なのですが、相当頑張っておられるのは、これからの写真で察して頂きたい!と言う感じ。大阪からの移転店のようなのですが、CP的には相当~頑張っておられます。我々はスッポン小鍋ももちろん追加し、予約時にお願いしておきました。

しん谷3

で、丹波橋の我が家からスタスタ歩いて20分。もちろん!呑みます!。見事な江戸切子の酒杯をチョイスするところから始まるのだ。 ちなみに当日の日本酒は、永勲特別純米¥800(伏見)、名もなき酒純米吟醸¥800(伏見)、ハレルヤ純米吟醸¥800(滋賀)、山形正宗純米吟醸秋上がり¥900(山形)、超王禄純米¥1000(島根)、醸し人九平次純米大吟醸¥1000(愛知)、梵純米吟醸磨き三割五分¥1200(福井)という布陣。獺祭も置いてあり、あと2種類ほどありそうでした。

しん谷4

で、地元のお酒を呑みましょう!ということで、山本本家の「名もなき酒」からスタートしたように記憶。このような綺麗なガラス製冷え冷え一合とっくりでサーブされます。

しん谷6

先にアツアツのスッポン小鍋が出てくるのだ。小さい土鍋ですが、大ぶりの味噌汁椀ぐらいの量です。

しん谷7

焼きネギの香り、生姜が利いた優しい薄味で、スッポンはコラーゲン満載でとろんとろん。小骨もするっと。岡山県産だそうです。10月も中盤に差し掛かり、ようやく寒くなってきたので、ほかほかと美味しい。ちなみに、夜はスッポンコースもやられていて¥10000なり。 

しん谷8

で、じゃじゃーんと登場、玉手箱ランチ。大きいほうの三段はメインディッシュで、小さいほうは二段でご飯の友系。これとは別に炊き立て土鍋ご飯がカップルなら一鍋付いてくる!という充実度。では、開けますよと。。

しん谷9

メインディッシュ三段がこちら。ご主人自ら、丁寧に説明してくれます。

しん谷10

まずはお刺身。銀色にピカピカ光っている太刀魚、それに平目と言う布陣。京都市内で太刀魚を刺身で食べたのは何回目だろうか・・・と言う感じ。

しん谷11

更に、器に入っているのは、魚の竜田揚げ。しっかり生姜醤油系のタレに付け込んで片栗粉をまぶして揚げました!的な揚げたて熱々。魚の種類は不明ですが、腹身の部分で卸しポン酢を絡めて。 それと鰆の幽庵焼と玉子焼という組み合わせ。

しん谷12

こちらが八寸のようですが、なんとも高密度ですな。中央の豆鉢は青森県産岩もずく。しゃっきしゃっきと歯ごたえが良く美味しい。奥の扇型豆鉢はトンブリが乗った生湯葉、右手の豆鉢はイクラ卸し。手前には枝豆、いぶりがっこ、きぬかつぎ、海老芋から揚げ、生ハムいちじく、ぎんなん、レンコン揚げという布陣。 いやー、我々にはご飯のおかずと言うより、酒のアテに見えてしまいますが。。。。滝汗。

しん谷14

で、ご飯はカップル単位で、御覧の土鍋で炊いてくれるのですが、お酒を呑むので、もう少々後で!とお願いする酒呑み二名。

しん谷13

お酒をお願いすると、切子のぐい飲みを替えてくれるので、今回お酒を頂いた分でパチリ。二合目は山形正宗を呑んだように記憶。。で、あらかたメインディッシュを頂いてから、ご飯ください~!ということに。

しん谷15

ご飯は結構しっかり目サイズのお茶碗に、丁度四膳、という計算しつくされた量。ご飯の友は、ウツボの南蛮漬け!と、お漬物、それに縮緬山椒という布陣。おこげご飯ににんまり。流石に二膳食べるとお腹パンパンなり! 普段は低糖質な相方も二膳分、一粒残さず頂きました。

しん谷16

で、ちゃんと甘いものもあるのです! 程よい甘さの水ようかんでほっこり〆、ということで。

しん谷17

ランチは以上+お酒二合で¥10000割れ、という納得!価格なり。
で、ランチメニューと一緒に、夜メニューでスッポンコース¥10000と、オープン特別コース¥7000(なんだか、非常にお得そう・・)の二種があったので、サービス担当の奥様に「夜はコースだけですか?」と確認したら、アラカルトもありますよ!と最近のメニューを見せて頂いたのだ。いやー、これは食指の動くもの多数。季節のうちに栗ご飯が食べたいですなぁ。 多分、次回は夜お邪魔する予定です~。(多分、へばっている金曜夜になる予感ですな、これは・・・汗汗) また来ます~。
 

 
 
◆料理屋 しん谷
住所:京都市伏見区表町582-1
営業時間:11:30~13:30入店 18:00~22:00入店 不定休  
TEL:075-748-7111

関連記事

0 Comments

Add your comment