FC2ブログ

毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

ビストロ ヴァプール烏丸御池@ 押小路通東洞院東入

2019
23
浜大津の日曜朝市がある日。そこで売られている昆布とお茶が、1年ほど前から我が家の定番になっていて、更に酒好きな我が家も大推薦!な限定販売の滋賀の地酒があるので、今回も買いに行こう!ということに。朝もたもたしていて10:00チョイ前に浜大津に到着。

ヴァプール1

で、今日は「竹生嶋」で有名な酒蔵、吉田酒造のお酒が買えるのだ。平成十四年!の古酒など面白いものがあり、初搾りと一緒に四合瓶2本をGETなり。で、10分少々で目的は達成したのですが(汗)ランチ時にはまだ少々早いので、ぶらぶらと三井寺まで手作り市を見学に。美味しいコーヒーがあるのでまったり呑んでいたら、TNKさんとばったり。我が家が浜大津朝市に出かける原因を作った方で、お喋りしてから、そろそろお昼なので!と京阪で京都方面に移動。TNKさんとは四宮でお別れし、やってきた三条御池。はあはあ、ここまでがいつものように日記です。

ヴァプール2

なんだかフレンチ気分で、どこか行ったことが無いお店にしよう!と駅から電話したビストロが、スパーンと席が取れるのだ。お店の名前はビストロ ヴァプール烏丸御池。店名に地名がくっ付いているのは、三条新町に系列のブラッセリーがあるから。散々通っている押小路通ですが、ま、タイミングですなあ。しかし、まあ、ビストロ感満載の可愛らしい外観で、年寄りは少々照れる感じ。

ヴァプール14

店内も外から見たまんまで、赤いチェック柄のテーブルクロスが可愛らしい。柔らかい物腰のマダムと、意外にお若そうなシェフの2名編成で回されているのだ。

ヴァプール3

ランチメニューは、この4種類。お任せ以外はプリフィックスメニューで皿数でお値段が変わる仕組み。

ヴァプール4

チョイスできる前菜、主菜はこちらのメニューから。当然呑む!ので、メインが一皿のプティ¥2500で良いんじゃないのということに。

ヴァプール5

泡グラス¥900をお願いし、今晩行われるラグビーワールドカップ準々決勝に乾杯~! 我々が今日初めての客だったのですが、次々お客さんが入ってきて、全員飛び込み。結局計4組でした。

ヴァプール6

酒呑みですので、普段はスープはあまり呑まないのですが、前菜2種のうち1つは、珍しくスープにしてみたのだ。ビーツのポタージュですが、しっかりとした土を感じるお味で美味しい。まろやかクリーミーですな。

ヴァプール7

パンも多分自家製。4種類とも違うものでした。レーズン入りや黒パンに、クローブなど香辛料を練り込んだもの。トーストしてあるので、ぶわんと香辛料の香りがテーブルを漂う。

ヴァプール8

オードブル盛り合わせ。なめらかな鳥肝ムース、スモークサーモン、鶏むね肉コンフィ(鶏ハムですな・・)、ウフマヨとサラダ、というバランス良好な布陣。そんなにこれは!というものはありませんが、鳥肝はきちんと美味しい。

ヴァプール9

当然、白ワインにスイッチ。カラフェ500ccで、思いっきり写真を忘れたのですが¥2000ぐらいだったように記憶。如何にもハウスワイン!という酸味がある、するすると呑みやすいもの。 で、メインのお料理が。多分1人でやられているのですが、お客がこの人数ですと非常~に良いテンポでお料理が出てきます。

ヴァプール10

私チョイス、海老と帆立貝柱クレープ包み、マッシュルームのソースで+¥500の加算メニュー。実は、大津から移動してくる車中で、食べログでこの写真を見て、あー、こういうのも久々に食べたいな!と思ったので速攻で来たのですが。クリーム系ソースが程よい濃度で、白ワインに合うのだ。 花はありませんが、健康的且つきちんと美味しい一皿。

ヴァプール11

マダムから、お店の看板メニューです!と言われたので相方が速攻で注文した、牛ほほ肉赤ワイン煮込みで+¥600の加算メニュー、サイズ的にもお味的にも納得。そんなに濃い味にしていないのが良い。赤ワイングラスを追加し、相方すっかりご機嫌に。
付け合わせのバターリゾット的なライス(魚の皿にもあり)が、それぞれのソースを吸って美味しい。 いやー最新モードではまったくありませんが、手堅いお味なのだ。

ヴァプール12

量的も結構大満足(呑んでいるので・・・)なのですが、デザートメニューをどうぞ!とマダム。珍しく相方も乗り気。1つだけ盛り合わせを貰おうということに。

ヴァプール13

盛り合わせは¥1200なり。で、この量なのでお得感あり。中央のグラスに入ったものはブランマンジェ+グレープフルーツジュレ、奥にクレームブリュレ、バニラアイスが2つ、焼きチョコレートケーキとフルーツ類という布陣。これは量的には2人分で大満足でしょうなあ。 〆の飲み物もついているので、2人とも珈琲でほっこりし、以上で1時間10分と結構スピーディに終了。相変わらず喰うのが速いのですが、テンポよく食事できて大満足。

以上で、泡グラス2、白カラフェ1、赤グラス1とランチからしっかり目に呑んで、〆て¥12000割れ。ちなみに夜コースも¥3000と同じぐらいの価格設定。某食べログに、「若い恋人のフレンチデビューに」というご意見が書いてあったのですが、大賛成ですな。こういうビストロ料理に挑戦してみたい、お若い人は特にぜひ。京都市内観光の際も、使い勝手良好かもで~す。
 
 
 

◆ビストロ ヴァプール 烏丸御池(Bistrot VAPEURS)
住所:京都市中京区船屋町399-1
営業時間:11:30〜15:00(L.O 14:00) 18:00〜23:00(L.O 22:00) 火休 
TEL:075-223-2120


関連記事

0 Comments

Add your comment