FC2ブログ

毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

ラーメンの坊歩@川端七条

2019
24
で、世間は飛び石連休の出勤日な月曜日。が!有給休暇を消化させるためか、我が本業先は臨時休業になったのだ。これはありがたい~!と思っていたら、パスポートの有効期限が来月には切れるので、更新手続きに行って来たら?と相方から見事なフォロー。丁度、京都駅にも出張チケットの段取りなど他の用事があるので、午前中には届け出を済まそうと、京都駅ビル8Fにある京都府旅券事務所に。証明写真を撮りに行くのにもたもたして、京都駅に着いたのが11:00チョイ前と言う時間帯。

次の日、祭日になったためか随分混雑している旅券事務所。待合の席にすっと座れないほど。で、結局届け出を受理してもらい解放されたのが12:00を少々回った時間帯。。相方は2週間ほど前に「20分ほどで済んだよ~!」ということだったので、ま、タイミングと言うのはあるもので。。 はあはあ、ここまでが、またまたいつもの日記です。

坊歩1

で、ちょうどランチ時。とことことやってきた川端七条に、気になるラーメン屋があるのだ。お店の名前は「ラーメンの坊歩(ぼんぼ)」なり。今年の1月にオープンしたまだまだニューカマー店で、京阪七条駅から100m以内という駅近物件。

坊歩2

既に12:30ごろの時間帯。4人テーブルが2、カウンターが9席というこじんまり店ですが、非常~にお若いお兄さんが2人で回しておられるのだ。満席に見えるので、店内を覗き込むと、カウンターに2席空きを発見し、席確保なり。いやー、よかった。(これは帰りに撮った写真)

坊歩3

メニューはこんな感じ。ラーメンのスープは鶏豚骨と塩白湯の2種がベース。お休みですので、から揚げを注文しようとしたら、6個入りなので1人では多いですよ!ハーフがありますよ!とすかさずフロア担当のお兄さんからフォローが入るのだ。で、どこででもチャーシュー麺を食う人ですので、¥850のそれと、から揚げの普通味ハーフ¥350(辛いのもあり)、ハイボール¥500をお願いするのだ。お料理は全て税込み価格。

坊歩4

ハイボールを頼んだら、炭酸が知る人ぞ知る、「能勢酒造」謹製でした。結構濃い目で且つ氷も良いのをお使いで。酒呑みの心が分かっているお店だわい!と思いつつ、一人静かにハイボールをすすっていると・・・

坊歩5

唐揚げハーフが登場。。ハーフなので3個入りと思ったら4個入りでした。かりっと!を追求していないタイプで、超ジューシー。サイズはそれほど大きくはありませんが、かぶりつくと鶏汁溢れまくり。程よい味付けでこれはアリだなあ、と大納得。マヨラー向けに超しっかりマヨネーズ付き。

坊歩6

で、チャーシュー麺登場。柔らかいチャーシューがたっぷり。鶏豚骨だと思われますが、背油を少々ちゃっちゃしているかなりあっさり系な味付け。とは言え、スープはコラーゲンを相当感じるお味。京都の古典的名店を下敷きにしたとは思われるのですが、20代前半ぐらいのお兄さんが作るとは思えない古典風現在ミックスな感じ。

坊歩7

麺はストレート多加水麺で且つ、柔らかくつるんつるん系細麺という、あまり他に類似のものを食べたことが無いもの。スープが良く乗り美味しい。(もちょっと固めなら更に好きかも。。汗汗)いやー、これは面白いです。 テーブルに一味と胡椒があり、追加でヤンニンジャンをお願いできる模様なので、辛いもの好きならヤンニンジャンてんこ盛りでぜひ。絶対合うと思いますな。 
 
京都駅や七条周辺でぐだぐだと呑んでから、〆に食べると非常~に美味しいかもですなあ。伏見で人気の「大黒ラーメン」にもちょっと似ているのですが、兎に角、麺のキャラが面白い~。また、辛いのを食べに来ます! ご馳走様でした~。
 
 

 
◆ラーメンの坊歩
住所:京都市東山区下堀詰町236
営業時間:11:00~15:00 17:00~23:00 不定休
TEL:非開示
 
 
んで、食後。お腹パンパン!なので、ちょこっと一駅ほど歩いてお腹を減らそうと京阪の線路沿いに南に南に。やってきたのがこちら。

坊歩8

今年の紅葉状況パトロール、その一。徒歩25分弱で東福寺に到着。流石平日、それもお天気も今にも泣きだしそうな感じなので、見学客もまばら。あと2週間もすると多分、大行列!になるのですが。

坊歩9

いやー、今年はいつもより紅葉は大分遅い目のような気がしますなあ。また週末ごとに覗きに来ることにします~。
関連記事

0 Comments

Add your comment