FC2ブログ

毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

魚とホルモン 七輪亭で大満足ディナー(2)@近鉄小倉駅

2019
19
そろそろ紅葉客が増えてきた京都。ランチは、紅葉とはほぼ関係ない六地蔵の中華料理店だったのですが、夜に京都市内に出るのは、混雑しそうだなあ、ということに。で、まだ11月なのですが、今年初めて行ったお店で、印象的なお店を5軒挙げよ!といわれたら、速攻で思いつくお店に行ってみようということに。お店の名前は、七輪亭。我が街丹波橋から近鉄電車の普通!に乗って、10分ほどで到着する四条周辺よりはるかに近い場所なのだ。前回ネタが5月のこちら。

七輪亭1

近鉄小倉駅から徒歩5分ほどですかねえ。住宅街の中に忽然と現れる系なお店。とは言え、意外に駅周辺に個人営業飲食店が多い小倉駅周辺なのだ。

七輪亭2

当日16:00ごろ予約で18:00!でお願いしたら2時間制限でお願いします~と言われたのですが、速攻でやってきた17:30! 入店前に今日の一押しメニューの看板をチェック。今日は焼きフグだ!とでっかい車エビ!を頭にインプットしてから、ちょっと早いですが良いですか~?とおずおずと店内に。

七輪亭3

入り口わきにトロ箱が置いてあり、ブクブクがセットされ今日の一押しメニューが出番を待っているのだ。ころんとしたでかいセミ海老、それに20cmはある、でっかい車エビに目を奪われますなあ。

七輪亭4

17:00オープンなのですが2階には既にグループ客の気配。後ろの6人テーブル席に1組で、多分3組目。カウンター席で今日お初の客として席GET!なので、こういう写真が撮れているのですが。 で、相方はハイボール、私は生ビーからゆるゆるとスタートなり。

七輪亭17

本日のメニューを確認。ちっさい字でA4サイズに両面びっちり!なのですが、この倍密度のレギュラーメニューが更にA4サイズで2枚という、数えるのも面倒な豊富なメニュー。店名の通り、七輪で季節の魚や野菜、肉を炙って食べましょう!という明瞭コンセプトなお店なのですが、兎に角、季節の食材が非常~に豊富。どちらかというと、このメニューのように海鮮物のほうが得意かもですな。

七輪亭5

で、今日は色々焼き物の種類を食べてみる!と言う作戦。まずは、突き出し代わりに雲丹食べ比べ三種で¥1140なり。左上が淡路の赤ウニ、右は北海道根室のバフンウニ、手前がロシアのバフンウニ。お値段はあっさり系の淡路が一番お安くて、ロシア、北海道の順なのですが、相方ともども、ロシアを舐めてはいけない!という感想。甘味・旨味がしっかり!

七輪亭6

で、以降は焼き物一直線!なのだ。とはいえ、他の肉BBQ的なお店では食べられない食材が、これでもか!とスタンバイしております。まずは、本日一押しの黒板メニューから、ヨコワの腹で¥980なり。皮を残した、さいころ的な切り方ですが、厚みは20mm超!というところ。皮から焼いてくださいね、さっと火が入ったら、ポン酢でどうぞ!という趣向。

七輪亭7

お次が超太い「でんすけ穴子」で¥980なり。これも皮から炙り、身がそっくり返ったら、肉側をさっと炙ってポン酢、またはわさび醤油という作戦。いやー、脂ものっていてウマウマでした。

七輪亭8

焼き野菜も1つは行っとこう!と、注文した「超ごうかなキノコ焼盛り合わせ(メニューの原文ママ)」は¥750なり。右手の巨大なのは大黒シメジ。左の大きなのは松茸。それとシメジに舞茸という布陣。超ごうか!

七輪亭9

あとは、セットして頂いた七輪でさっと炙って喰うべし!喰うべし!なのだ。 移転前のお店はもっと駅近くにあったそうなのですが、排煙装置が無くて大変!だった模様。が、1年ほど前に移転されたこちらは、カウンターにカップル単位の排煙装置がずらーっと完備なので、そんなには煙くはないです。(皆がお肉を焼きだすと、結構凄いっちゃ、凄いのですが汗汗)

七輪亭10

で、季節なので行っておこう!とコッペガニ。¥950なりです。いやー、申し訳ない価格ですな~。卵しっかり持っている上出来蟹でした。 で、途中で日本酒に当然スイッチしているのですが、ボトルプレゼン等はないので、粛々と呑んだように記憶。たしか、純米吟醸一度火入れ原酒 まんさくの花 MK-Zが¥1000、鯨酔特別純米¥800、城陽純米吟醸¥800なり。この順で進行したように記憶。日本酒はそんなに種類は無いのですが、一合価格なのでお安いのだ。

七輪亭12

で、これが合ったら喰うぞ~!と実は狙っていた焼きフク¥1380なり。天然ですが、ゼラチン質ばっちり~。相方は超にんまり。

七輪亭13

更に!生食用殻牡蛎食べ比べは¥820×2!(かな?汗)デッカイほうが三重、小ぶりなのが北海道だったか・・逆だったか汗。大きい方は身を半分に切ってあるので、半分は超ジューシーにそのまま生食で、半分は七輪でさっと炙って、という作戦。うわ、これは旨いや~!なのですが、今日のメーンイベントは、お次のこちらの皿でした。

七輪亭14

衣をつけて二十センチ級車エビは、ま、たまに見るのですが、こちらは裸でこのサイズ。それも皮むきたてでまだピクピク!な活きの良さ。いやー、これが¥1080/匹なのだ。

七輪亭15

これぐらいのサイズ感。いやー、さっと焼いた身はぐりぐりんな食感で超ウマ。頭はしっかり目に焼いて味噌まで美味しいのですな。既に、大満足の大満腹!なのですが、〆にお寿司があるのがまた憎らしい。長考し、チョイスしたのが・・・

七輪亭16

和牛握り四種食べ比べで¥1180なり。ハネシタ、カイノミ、ハラミにランプ、らしいのですが、とりあえず超納得! いやはや超旨かったです。お腹ははち切れんばかり・・・。

で、呑み量はハイボール1に生ビー1、日本酒3合と、我々とすると若干抑えめで、お支払いは¥15000割れ、という超超超納得価格。想像以上にお安くてまたまたびっくり!。色々な食材を七輪の上で炙って食べてみるのは楽しいですな。次回は、新年早々、6人テーブルを囲んでみたいと妄想中。ご馳走様でした! 確実、また来ます!。
 
 

 
 
◆魚とホルモン 七輪亭
住所: 京都府宇治市小倉町西浦82−24
営業時間:17:00~23:30  不定休
TEL:0774-24-3754
関連記事

0 Comments

Add your comment