FC2ブログ

毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

伏見五福めぐりと 京うどん 纏(2)@墨染

2020
04
で、お正月明け初詣ネタから一つ。
伏見にある五つの社寺をめぐり、開運を祈願する「伏見五福めぐり」。元日から15日までの松の内に行われる、我が街伏見のお正月恒例行事なのだ。おせちで満腹のお腹を減らすのにほど良い、五社寺をぐるっと徒歩で巡っても手ごろな散歩距離なのも地元民には嬉しい。で、今年は京都の有名寺社より先に、五福を回ろうよ!ということに。

五福めぐりと纏1

まずやってきたのが丹波橋の我が家から徒歩10分足らずにある「大国寺」。正面の門は閉じているのですが、右手の大きな通用口から入れるのだ。

五福めぐりと纏2

五福めぐりは、5つの寺社のどこからスタートしてもOK。初めの寺社で可愛らしい干支の絵が描いてある大きな色紙を¥1000で頂いて、残りの寺社を御朱印を頂いて回るのですな。これ以後頂く御朱印は¥300なり。で、全部回ると、最後の寺社で干支を象った土鈴を頂ける、という趣向。記念品は限定数2000個、とのうわさなので、お正月明け早々にやってきたのですな。

五福めぐりと纏3

大手筋商店街を西から東に通り抜け、10分ほどでやってきたのは御香宮神社。五福めぐり以外の大勢の参拝客でごったがえす境内。ながーい、拝礼待ちの行列をパスして、脇から手早くお祈りを済ませ、御朱印を頂いて次のポイントに。。

五福めぐりと纏5

そのまま明治天皇領に続く坂道を東に東にどんどん登ると、ピーク辺りにあるのが乃木神社。こちらも10分ほどですかね。

五福めぐりと纏6

お気持ちで!と振る舞いのお神酒があったので、有りがたく頂くのだ。今年も美味しいお酒が沢山呑めますように!と祈念しつつ。。(滝汗) お参りを済ませて次のポイントへ。

五福めぐりと纏7

で、中書島の近くまで一気に戻り、酒蔵通りをのんびり抜けてやってきた長建寺。徒歩30分ほどですかねえ。乃木神社から伏見桃山駅まで戻って電車で、という手もありますが、それでも、ま、そこそこかかるのだ。春は早咲きの枝垂れ桜が綺麗でちょこちょこ覗きにくる、近所でも好きなお寺さん。ご住職が御朱印を押されていて「今年は、五福めぐりの人が多いねえ。」とのこと。

で、お参りを済ませて、次の藤森神社を目指すのですが、ここから五福の社寺で一番遠くて、最短コースでも3.5km、歩いて40分ほど。既にここまでの4つの寺社巡りでざっと5kmほど歩いているので、楽をしよう!と、京阪中書島駅まで徒歩5分、京阪で3駅目の墨染駅に。ちなみに藤森神社の最寄り駅は藤森駅ではないのでお間違え無く。

五福めぐりと纏8

我が家から徒歩20分チョイなので、結構ちょこちょこ来るので、入り口の鳥居の写真を忘れてきたのですが(滝汗)、端午の節句の「駆馬神事」で有名な、馬と勝負事の神社ですな。ここも拝殿の前に驚くべき長蛇の列が出来ていて、端っこからお祈りし、社務所に移動。その横に、お馬さん!がいてびっくり。。

五福めぐりと纏9

お馬さんに餌の人参をあげられるので、早速こちらの列には並ぶ相方(滝汗)。お腹が減っていたのか凄い勢い。。で、御朱印と記念品の土鈴を頂いて、無事五福めぐり完了。。所要時間ざっと2時間足らず。で、丁度お昼時だったのですが、お正月三が日でもやっているお店を藤森神社に来る前に発見していたのだ。速攻でお店に。

五福めぐりと纏10

やってきたのは京阪墨染駅・藤森神社の丁度真ん中ほどにある京うどん店、纏(まとい)なり。どうも元旦から営業されていた模様。。。個人営業店なのですが、これは凄いですなあ。。たまに来る好きなお店ですが、以前書いたネタがこちら。

五福めぐりと纏11

12:00少々前なのですが、テーブル席は満席でカウンター席も御覧の通り。小上がりが空いていたので6人テーブルに入れてもらう。

五福めぐりと纏12

お正月は、御覧のお正月メニューと沖縄産のブランド豚「琉香豚(りゅうかとん)」を使ったお正月限定トンカツ定食¥1400!という、いつもとは違う構成。揚げ物が美味しいお店なので、うどんのトッピングはいつも通りお願いできることを確認し、食べたことが無いものに挑戦!ということに。

五福めぐりと纏13

瓶ビールはアサヒにキリン、サッポロと揃っているのですが、今日の気分はこちら。あんまり寒くないお正月で、燗酒よりこちらに惹かれちゃいますな。。汗汗

五福めぐりと纏14

で、相方注文の鶏なんばうどん¥850が登場。。でっかい鉢なのでボリュームあり!なのですが、昆布が利いたはんなりした合わせダシで、つるつると食べるだけで優しい気分になれそうなお味。どことなく寄せ鍋的な。

五福めぐりと纏15

お約束の、令和2年初麺リフトアップ!写真。(いや、そんなに気合をいれるようなものではありませんが汗汗)
うどんはノーマル的な程よい太さ。京うどんとしては太い目なのかもですな。腰も京うどんの中では確実にあるほうですが、ま、主張が強くない優しいお味。風邪気味の相方もにっこり~!なのだ。 が、次の私が注文したのが結構凄いのだ、行きますよと。

五福めぐりと纏16

玉子あんカレーうどんに、ざっくざくでアツアツのかき揚げトッピングで¥1000+¥300なり。これがかなり面白い構成。円やか系カレーうどんに、葛でとろみを付けた、トロリと粘度のあるアツアツ餡掛けに玉子液を落としてほわほわにしたものを掛けたのか、その逆(玉子あんかけうどんにカレーを掛けたか)かのいずれか。
両方ともとろみがあるダシなので、着丼した際はダシが混ざっていない。玉子のまろみのある優しい葛あん、程良いスパイス感のカレー汁を同じ丼の中で別々に楽しめるという、いやー、面白いこと考えますな!と言うお味。

五福めぐりと纏17

令和2年2回目の麺リフトアップ写真~! (しつこい汗)

うどん自体は全製品コンパチブル。辛いカレー好きとしては、もちょっと刺激が欲しい!と言う感じですが、寒い時にはなかなか良い、ほっかりほこほこメニュー。。 三が日に藤森周辺で開いているご飯処なんてあるのかよ!と思ったのですが、ちゃんと遭遇できて今年一発目の食べ歩きとして幸先良し!な一日でした。





◆京うどん 纏(まとい)
住所:京都市伏見区深草北新町627
営業時間:[月~金] 11:00~14:30(L.O14:00)17:30~20:30(L.O20:00)
       [土・日・祝] 11:00~16:00(L.O15:30) 木休
TEL:075-641-8003

 

五福めぐりと纏18

色紙の干支イラストを描かれている方も伏見在住のプロのイラストレーターさんらしいのですが、なかなか可愛らしいねずみさん。両親がこういうのを好きなので、またお土産にもって帰ろう、ということで本日のネタ、終了です。
関連記事

0 Comments

Add your comment