FC2ブログ

毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

炭火やきとり隠れ家 呑んべゑ@祇園

2020
03
業務後、四条烏丸近くの病院の予約を入れていた金曜日。解放されたのが19:00少々回った時間帯で、何か晩御飯でも食べてから帰ろうよ、といういつもの作戦。待ち合わせしていた相方と思いついたお店に初訪問。お店の名前は「炭火やきとり隠れ家 呑んべゑ」なり。祇園のど真ん中に昨年11月出来たばかりの焼鳥屋さん。 一昨年ぐらいから焼鳥屋さんの開店ラッシュな京都なのですが、お若いご店主が朝の3:00までやっているらしく、一度覗いてみよう!ということに。

呑んべゑ1

場所は祇園のど真ん中、四条通大和大路東入北側。食い意地系の人向けのご案内なら、三玄茶の前路地を南に20m、というところですかねえ。先ほど電話したものですが!と店内に。入り口右がカウンター席8席ほど、左手に1つだけ半個室のテーブル席があり、6席ほどという構成。

呑んべゑ3

メインメニューはこんな感じ。裏側が刺身系とお酒メニューあり。コース等は無く、祇園では相当頑張っているお値段ですな。坊主頭にメガネのお若い御店主は、四条壬生の安旨人気焼き鳥店「雷」のご出身なのだ。サーブ担当の女性と2人体制で回しておられます。 我々が入って即、満席に。

呑んべゑ4

チャージ¥300で、突き出しは鶏皮ポン酢が登場。これがまだほんのり温かく、脂成分総活性化!&冷たい大根おろしと良く合いますな。美味しい~。寒かったので芋焼酎お湯割りでゆるゆるとスタートなり。

呑んべゑ5

肝刺しがお勧め!と書いてあったのに速やかに乗っかる我々。¥680なり。いやー、流石に自信作だけあって速攻で口の中で蕩けまくり状態&お手頃価格でうっとり。 この新鮮さは期待できそう!と、後はサイドメニューに手を出さず、串物にフォーカスして注文することに。

呑んべゑ6

肝¥200、ずり¥150なり。サイズは幾分小ぶりですが、色々食べて見たい派には良い感じ。タレは甘味・醤油分ともしっかり乗せているトロミの強めなものを少量、という作戦だとお見受けしました。
肝はほんのり火が入り、かといって冷たくはない、程よい温度域。いやー、これはお上手ですな。 ズリも火入れが穏やかで非常にジューシー、食材の鮮度に自信があるのでしょう。塩はしっかり乗せているのですが、全然塩辛くなくイケております。

呑んべゑ7

せせりは¥250なり。噛みしめるとぐりんと独特の食感、お汁溢れまくり。テーブルに七味、粗びき山椒があるので適宜お好みで。。

呑んべゑ8

鴨ロース¥250、皮¥150なり。鴨ロースの程よい固さとタレとのハーモニー、皮はブリブリで肉厚な脂の旨味満載系! いやー、相方と、これは我が家の好みに非常に近いなあ~!と、当たりのお店を引き当てたことににんまり。

呑んべゑ9

ささみチーズは¥250なり。これまたジューシーな火入れなのですが、チーズの上に黒胡椒を漬けたオイルを少々振りかけてあるのが工夫。なかなかに芸細やか。

呑んべゑ10

ここまでで初回注文分終了。いやー、これはもっと食べたいぞ!と更に追加注文し、私は麦お湯割り、相方は日本酒を。日本酒は多分冷蔵庫スペースの関係で目の前に置いてある常温ボトルのみ!という在庫状況。基本¥800/合~、というお値段。詳細スペックは不明ですが、当日は鳳凰美田、くどき上手、獺祭などが。 結局、鳳凰美田→くどき上手を注文。

呑んべゑ11

今日一!だったのがサガリ¥200、せせりの食感を更にしっかり系に振り、旨味を強めたような感じ。相方とこれはすごいんじゃないの?と顔を見合わせる。 背ギモは¥200なり。レア感は残しつつ、ちゃんと火は通っていて、これまた美味しいのだ。

呑んべゑ12

つくねは¥200。トリッキーな技は使われていない、至ってオーソドックスなタイプですが、これまた美味しい。

呑んべゑ13

ハツ(心臓)は¥150なり。表面にうっすら浮かんでいる鶏汁!を見れば、モツ系の火入れがお上手(火入れ、緩やか・・)なのだ~、と再認識する一串。美味しいです。

呑んべゑ14

更に軟骨は¥150なり。これは打って変わってしっかり焼きなのですが、これまたアテになるお味。

呑んべゑ15

ねぎま¥250で串の〆。焦げ味も味のうち、噛みしめると美味しい鳥汁がじゅわーんと。いやはや大堪能! サイズは小ぶりですが2人で24本制覇!なので、旨い肉食った感満載。 で、相方に何か〆もいっとく?と確認したら・・・

呑んべゑ16

玉子掛けごはんとスープセットは¥680なり。ま、期待通り~。柚子胡椒を添えてあるのが面白い。いやはや再度まで大堪能!でした。

呑んべゑ2

ちらっと店内写真。特にお洒落でもない普通の居酒屋なのですが、既に知る人ぞ知るお店になっていて、場所柄&金曜夜なので我々以外は全員同伴カップル(滝汗)という感じ(汗) 流石、皆さん鼻が利きますな~。 
で、以上で〆て、焼酎お湯割り3、日本酒2合!とそこそこ呑みで、ほぼ¥10000!というなにせ祇園のど真ん中という立地を考えると、超超超納得価格。 また遅い時間などにするっとやって来たく思いました。ご馳走様でした!。 
 
 
 
 
◆炭火やきとり隠れ家 呑んべゑ
住所:京都市東山区四条通大和大路東入北側347-118
営業時間:18:00~3:00 日休
TEL:050-5456-5235
 
 
 
関連記事

0 Comments

Add your comment