FC2ブログ

毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

チャイナキッチン 餃子王@京都現地系中華料理店巡り11

2020
02
更に続く「京都現地系中華料理店巡り その11」でやってきた山科区。本日のお目当ては「チャイナキッチン 餃子王」なる、少々凄い名前のお店。元々、東大路通沿いで川端警察署の北側にあったのですが、昨年11月、山科区西野今屋敷町という住宅街の真ん中に移転されてきたのだ。しかしまあ、普段でもあまり近づかない地域なのですが、やってきた12:00少々前。 中国からやってきたご年配ご夫婦が2人で回している、まったく日本アレンジのない中国家庭料理が頂ける一軒。一部の我が食い意地友にもほんわりと支持されるお店なのだ。

餃子王1

最寄り駅は地下鉄東野駅から700mほど。我々は車で。近所のコインPAが1時間¥200で少々ビックリしたり。 で、やってきたのはなんとも味のある小さな商店街「今屋敷21番街」なり。よくぞ今まで生き残って!とある種感嘆する昭和!な空間なのですが、この中の一角に餃子王があるのだ。 

餃子王2

丁度、お店のおかあさんがシャッターを開けようと苦労している最中。シャッターの真ん中の支柱に営業中の札がぶら下がっている。シャッターを上げ切ろう!という意志が薄弱ですが、背の低い女性には少々厳しいかな。

餃子王3

外で主要メニューを確認し、店内に。東大路通にあったときも一度お邪魔していて、4年ぶりほどですかねえ。

餃子王4

以前はカウンターだけの小さなお店だったのですが、こちらはカウンターが4席、2人掛けテーブルが4。前より少々広くなり、ゆったり目の店内を中国人の初老ご夫婦が2人で回すお店なのだ。「王」のイメージとは大分違うほっこり空間。

餃子王5

で、お二人ともほぼ日本語NG。大丈夫なのは「いらっしゃいませ、伝票書いてね!」とご挨拶くらい? 東大路にあったときはたまに娘さんが居られて日本語ペラペラだったのですが(NET情報によると、高島で野菜を作られている息子さんの奥様で日本人の模様汗汗)、こちらはお二人で回しておられるらしい。 で、東大路当時から変わらないシステムで、テーブルに伝票とペンが置いてあり、メニューに書いてある番号を伝票に書くか、壁に貼られたメニューを指さしするかで注文する仕組みなので、言葉が通じなくても無問題!。

餃子王13

壁張りのメニューその1。メインは各種水餃子でそれほど種類は多くなく、餃子以外に炒飯とタンメンがある軽食系ラインナップ。ランチメニューなどはありません。お料理は全て税込み価格なり。

餃子王14

メニューその2。お酒類に、お料理を待つ間のアテも少々。少々悩み、焼き餃子に水餃子2種、タン麺をお願いしよう!ということに。

餃子王7

で、お料理を待つ間に、ま、いつものパターンに。紹興酒はグラスで¥400なり、ノンアルビールは¥350なり。それに干し豆腐のピリ辛和えは¥300なり。干し豆腐はそんな激辛でなく、本当にほんわり辛いかな?くらいの味わい。つついていると・・・

餃子王8

焼き餃子¥400登場。皮から完全手作り自家製ですが、若干肉厚でむっちり感のある皮、それに極ほんの少々、五香粉が香る肉感しっかりの餡がGOOD。皮はほんのり甘く、また餡にも程良い味が付いているので、そのままで頂ける!のですが、テーブルにある中国酢・醤油でタレを作り、頂くのもOK。ラー油的な辛味付けアイテムが無いので、非常~に優しいお味に感じます。

餃子王9

で、悩んで注文した水餃子2種。緑色のほうが、ラム肉&パクチー¥600、オレンジ色っぽいほうは、ズッキーニとニラ¥500なり。いやー、なかなかオシャレなものを出されているではありませんか。1人前6個です。

餃子王10

やはり、このお店ではこのラム肉&パクチー!が一押し。羊がダメな人は絶対ダメな、独特のしっかり目の臭みがあるのですが、もうソーセージのように肉感しっかりで我々は全然大丈夫。非常~!に好きかもですな。 ズッキーニのほうは豚肉とのミックスで、これまた美味しい。。非常に優しいお味。 (相方と、これなら「なな家」で冷凍で売っていた羊肉水餃子1kg¥1000!も多分美味しいだろう!買いに行こう!という結論に。。。汗)

餃子王11
 
水餃子を頂き終わったタイミングで、タン麺¥600登場。具はくたくたに煮えたキャベツと玉ねぎみじん切り、豚バラ肉以上!というシンプルさ。 感覚的には、「お母さんが風邪気味の時に作ってくれたうどん」の中国版!というような角の無いお味なのだ。それなりに独特の香辛料感はありますが、非常に控えめ。以前食べた炒飯も、現地のお母さんがちゃちゃっと作ってくれました!的な薄味で健康的な感じなのでが、同じですな。

餃子王12

麺はどことなくチャンポン麺のような、若干太目で腰緩めの麺。焼肉屋で肉をしこたま食べ、アホほど痛飲した次の日、二日酔いの朝には絶妙に合いそうな。。。。


以上で¥3200。支払い時は、ぐいっと電卓の数字を見せてくれる合理的な仕組み汗汗 お値段的には深草周辺の中華料理店より少々高級(滝汗)ですが、丁寧に手作りされていて、そうか~、これが中国での母の味なんだな!という説得力。微妙な癖のある味が嫌いな人もおられるかも?ですが、我々は全然OK! 他の餃子も食べてみたいので軽めのランチを目指す際にやってくると思います~!ご馳走様でした。
 

 
◆チャイナキッチン 餃子王
住所:京都市山科区西野今屋敷町27-6
営業時間:11:30~14:00 17:00~20:30 月休 ←営業時間変更されていますのでご注意
TEL:050-3692-5499
関連記事

0 Comments

Add your comment