FC2ブログ

毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

ふくらでこじんまり会(2)@河原町荒神口下ル東側

2020
18
河原町荒神口下ル東側にある「お料理とお酒 ふくら」をAOKさんにお願いして久々の貸し切り会、ということになった土曜日。作戦は1月末には立て始めていたのですが、コロナコロナと五月蠅いご時世ですので、参加メンバーを集めるのに苦労した相方。随分前から貸し切りをお願いしているので、なんとしてでもやる!という決断なのだ(ま、呑んでワイワイやりたいだけですが汗)

ふくらの会_001

18:00スタートで幹事がギリギリで申し訳ない!(相方に人集めをお任せしていたので、幹事の自覚無し汗)のですが、集まった酒好き11名。カウンター席が7席で、今回ふくら初体験!の皆さんに座って頂いて、我々とAOKご夫妻が4人掛けに座ってゆるゆるとスタートなり。ちなみに前回ネタがこちらです。

ふくらの会_002

AOKさんが、こちらのご主人が元居られた馳走いなせや時代から顔見知り。通常夜は¥4500のお決まり「未完」を出されているのですが、未完とは未完成の意味で、最後の食事は付いておらず、全6皿が出てくるコース仕立て。が、今回は事前調整でお料理は破格の¥4000、その代わり呑み量がかなり幅があるメンバーなので、お酒は注文した分、各自の伝票を付けてもらう安心明瞭方式。大体のメンバーには呑み勝ってしまうので、このほうが思う存分やれるのだ汗汗。

ふくらの会_003

お酒メニューがこちら。滋賀酒がメインで、あちこちからまんべんなく、且つお値段もそこそこお手頃。五勺のグラス売りシステムで、燗は150cc。

ふくらの会_004

で、いつものごとく乾杯スタートから。各自好きなものを好きなだけ呑む!という作戦なので、面白い絵になりますな汗。2人ほど入り切りませんでしたが、濃厚接触予防汗汗。

ふくらの会_005

珍しく、日本酒が私の乾杯酒。「波乃音はかり売り 純米吟醸 渡船生原酒」¥750なり。同じテーブルだったTNKさんが「尾瀬の雪解け 純米大吟醸 桃色にごり」、相方とAOKご主人が「萩の露 今朝しぼり 純米吟醸生原酒」から。皆で回し呑みなどしつつ、まったりスタート。

ふくらの会_006

まずは温物。道明寺じゃないな、おこわかな。エンドウ豆と蛤が入った葛あんでほっこりしたお味。そろそろ御所の桜も咲きだそう、という季節ですが、こういう優しいお味は嬉しい。

ふくらの会_007

御店主ご夫婦のお二人で回されているので、お料理はまったり進行。久々に出会うメンバーだったので、情報交換ネタが多く、ゆっくりでも全然大丈夫!なのですが、お酒は急ピッチで進む進む。私の2杯目、滋賀から「薄桜(うすさくら) 純米生酒 花と猫」¥750なり。意外にボディしっかり&バランス系。 

ふくらの会_008

お刺身。これが両方とも超ウマかった! 奥がヨコワで、手前はチヌ。このヨコワの腹身がもう、蕩けまくりんで。。正に日本酒!なのだ。

ふくらの会_009

なんだか非常に調子に乗ってきて、カウンターに移動。お料理1つに日本酒を合わせる状態に。。汗。 次回は個人的に好きな酒蔵で石川から「遊穂 花さかゆうほ 純米吟醸 無濾過生原酒」¥700なり。スルスルと呑めつつも旨味も乗っていて。

ふくらの会_010

今日のスペシャリテかな。椀物の玉子豆腐に入っているのはスッポン。スッポン出汁のお吸い物、という趣向。いやー、これまた温まりますなあ系。

ふくらの会_011

で、更に「農口尚彦研究所 純米無濾過生原酒」¥850なり。いやー、非常~に美味しかった!という記憶だけが残っているのですが汗汗汗。またバスを走らせましょう!など、悪だくみの作戦を練りつつ呑むお酒は格別ですな。

ふくらの会_012

酒肴盛りで、手前右がふきのとう天ぷら、へしこバターのカナッペ、空豆、ホタルイカ+ウルイ+黄身酢、焼きたてのさわら西京焼というような布陣。ま、間違いなく呑める!構成。

ふくらの会_017

で、奥様が丁寧に燗をつけてくれるので非常に美味しいのだ。そろそろ燗も呑んでみよう!と・・・

ふくらの会_013

我が街伏見から常温保管の「富翁 純米 山田錦」を。ほど良い感じでこなれたまろやか味で、差しつ差されつ。

ふくらの会_015

今年お初かな、若竹煮+菜の花なり。いやはや、ほっこり。この後はお食事になりますが~!とのことで・・

ふくらの会_014

再び冷酒に戻ってきて、「大治郎 よび酒(みず) 純米 生酒」¥700で日本酒は〆! ボディしっかりなのにお料理になんでも合わせてくれそうな懐の広さ(と、相方が言っております汗汗)いやー呑みました、全3合半。

ふくらの会_018

で、これで可愛らしいチラシ寿司で〆なんて嬉しい!のですが、ビジュアルも上等、お味も非常にGOOD。もう、ランチでチラシ寿司はやっておられないようなので、夜予約時に食べたいのだ!と、お願いしておくと良いかもですな。

ふくらの会_019

赤だしも美味しかった。いやはや大満足なり~の3時間一本勝負!。
相方もむちゃお酒が進んだようで、2人で11杯制覇していて、〆て¥16000なにがし、と酒代は食事代と、ほぼ=で済みました。二人でとっかえひっかえ6合ほど呑んでいるので、全然大大大納得価格。お料理も手堅いですし、これはまた寄らせていただかないと!ですな。ご馳走様でした!。
 
 

 
◆お料理とお酒 ふくら
住所:京都市上京区河原町荒神口下ル上生洲町220-1
営業時間:12:00~14:30 (LO13:30) 17:30~22:30  不定休+第三日休
TEL:075-252-0505



ふくらの会_016


前回は、丁度補修中だったTNKさんの手による書(右からふくら、と書いてあります)も確認し、おー、お店の雰囲気にマッチしているのではないか!と恐れ入ったのだ。今回は11人でワイワイと五月蠅くしたのですが、今度はタイミングを見計らって、2人でまったりしに来ます~。
関連記事

0 Comments

Add your comment