FC2ブログ

毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

料理屋 しん谷でディナー(2)@中書島

2020
08
ある日のディナーネタ。 あまり遠くに出かけるのもなあ~!となった夜、我が食い意地アンテナに「近所で行くべき店は?」と問いかけてみると、そういえば中書島にあるお洒落割烹に夜に行ったことは無かったよねえ!と思い出す。で、速攻で予約電話を入れて席を押さえ、やってきた中書島駅徒歩5分足らず。 我々は、丹波橋の我が家から25分ほどの散歩がてらやってきたのだ。

しん谷(小)_001

我々と同様の食い意地系な人には「センプリチェがあった場所」というと、ははーんと分かる位置。お店の名前は「料理屋 しん谷」なるカウンター8席、テーブル6席のこじんまり和食店。夜はすっぽんコース¥10000とおまかせの¥7000があるのですが、予約時にアラカルトで!とお願いしたのだ。前回のランチネタがこちら

しん谷(小)_004

まずはトリビー!と、ハートランドを注文し、呑みつつメニューを確認。このご時世でカウンターには常連さん2名。今日はコロナの影響か、ご店主とアルバイトと思しきお若いお姉さんの2人体制。奥様は?と思ったら、カウンターの常連さんと御店主の会話では奥様は産休中で御実家に帰られている模様。今日は誕生日なのですよ~、とトークも軽快な気さくな御店主。いやはや、大黒柱は大変ですな。で、結局このご時世でテーブル席を含め、ほぼ満席状態に。。人気なのだ~。

しん谷(小)_002

で、今日はなかなか攻めたチョイスの日本酒&アラカルトのアテでほっこり!と言う作戦。これが本日メニュー。

しん谷(小)_003

こちらはレギュラーメニューなのですが、こちらも適宜入れ替えておられそうな予感。現在1人で調理中!のわりには、メニューは非常に豊富。1人でやられているので他のお客さんの注文状況に注目しつつ、厳選4種ほどをまずは注文するのだ。

しん谷(小)_005

まずはお酒の肴三種盛りで¥1000なり。いくら卸し、飯蛸の旨煮、スッポンの煮凝り!という、ま、日本酒一直線なチョイスですな。メニュー検討だけでビールは無くなっていたので(汗)、速攻で日本酒をお願いすることに。

しん谷(小)_006

日本酒は基本一合売り。この綺麗な江戸切子の酒杯をチョイスするところから始まるのだ。 

しん谷(小)_007

まずは、我が故郷和歌山から、「雑賀 春 辛口吟醸 本生 スプリングエール」なり。雑賀というと酒蔵は海の近くにありそうなのですが、実は人名で紀の川市桃山町!という桃畑の中にあるのだ。ま、スルスルっと呑める春ですな~系、まちがいなく。

しん谷(小)_008

ご店主の今日はこれをぜひ!から、高知産鰹の藁焼きで¥1500なり。目の前ででっかい片身が切り出され、串を打って藁で炙るところから楽しめます。いやー、これは超納得!

しん谷(小)_009

更に春!といえば、から高知産のれそれ¥700なり。ポン酢につけて頂きます。ちゅるるんと艶めかしい食感で、食べれば血液浄化!的な。

しん谷(小)_010

速攻で次の日本酒をお願いする。山形県の酒蔵4社のコラボ日本酒。銘柄名から一文字ずつ取って「山川光男」らしいのですが、この春バージョンは楯野川酒造作の生酒なのだ。美味しかったように記憶~。大体、山形の生酒に悪い印象を持ったことが無いのですな汗汗

しん谷(小)_011

途中でご店主の「伝助穴子美味しいですよ~」に反応し、他のお客様用のを仕込まれていると追加したもの。自家製の香味野菜が入ったポン酢にうそ!というほど卸し山葵を溶き込んで頂くと、脂とうまく調和して超ウマですなあ。

しん谷(小)_012

煮た魚!から金目の煮つけで¥1300なり。これまた結構食べる部位あり!な一品。甘味しっかり目のとろーんとした味付けですが、日本酒でも、白ご飯に着地させても、という感想。これまたお勧め。

しん谷(小)_014

で、お隣のお一人様が注文されていたので乗っかった鴨ロースなり。程良い感じの燻蒸集が付いた燻製。今、メニューには無いことを確認したのですが、自家製ではなく、どこかから仕入れておられる模様。少々温めてサーブされるのですが、この脂の旨味の凄さ。 日本酒でもOKなのですが、ウイスキーなどの度数の高いお酒でも絶妙に合うと思います。

しん谷(小)_013

で、この後、ここから徒歩3分ほどのお気に入り酒Barに行こう!と言う作戦。。とはいえ、もう少々呑みたいので三合目は、「陸奥八仙 純米 芳醇 超辛口」なり。お酒のお値段を書き忘れていたのですが(汗)これが¥1000/合で、他も¥800~¥1000の納得お手軽ゾーンなのだ。

しん谷(小)_015

土鍋ご飯もあり今日は竹の子ご飯がスタンバっているのですが、ほぼお持ち帰りになりそうなので、筍の木の芽焼¥1200を。いやー、これまた春ですなあ~。木の芽超しっかり効き。

しん谷(小)_016

で、注文してからぎゅっぎゅと制作される鯖寿司2貫¥600で〆! サバはこの季節では納得の肉厚さ、金胡麻を混ぜ、中央に刻み大葉を入れたしっかり寿し飯がGOOD!でした。最後まで大満足なり。
以上で〆て、瓶ビール1の日本酒3合で¥13000!という大納得価格。最近行った、色々日本酒が呑めるお気軽割烹店では納得の質の一軒。似たような京都駅より北側のお店何店かより、かなりお手頃設定!という感想。 ま、そんなにボリュームしっかりではないのですが、和食好きの日本酒好きなら間違いなくお勧めできます。 ご馳走様でした!また来ます~。
 
 
 
◆料理屋 しん谷
住所:京都市伏見区表町582-1
営業時間:11:30~13:30入店 18:00~22:00入店 不定休  
TEL:075-748-7111
関連記事

0 Comments

Add your comment