FC2ブログ

毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

流れ橋と宇治ポタリング@ポタリング日誌2020/5/5

2020
12
飲食店の人々や自分が新型コロナに罹患している可能性を考えると、食べてから2週間ほどは空けておかないと色々ご迷惑がかかりそうだ!ということを思いつき、飲食店やテイクアウトネタを2週間寝かせるマイルール発動中。
で、GWは息抜き・ガス抜きで色々テイクアウトを注文してみたり、外で食べたりしているのですが、先に自転車巡りネタをばばばっと書き上げるのだ。前回の上賀茂起点ネタから中2日、GW最終版ポタリングネタです。

流れ橋ポタリング(小)_001

今回は丹波橋の自宅から南に下がり、流れ橋こと「上津屋橋」を見学に行こう!ということに。近年は、集中豪雨が多くて頻繁に流れている流れ橋なのですが、令和元年台風19号による23回目!の流出の修理が完了したらしい。 で、またまた桂川の自転車道を下っていき、第1チェックポイントの「背割堤」に到着。8kmほど。

流れ橋ポタリング(小)_002

背割堤は桜の名所。桜の若葉の緑がとても綺麗。お天気も良いし、なんだか超癒されますな~。

流れ橋ポタリング(小)_003

背割堤のお向かいは、サイクリングを楽しむ人の休憩所になっている「淀川三川合流域 さくらであい館」なのですが、驚くほど大勢のサイクリング人が集結中。(現在、閉鎖中なので入場は不可能。) 一目100名は楽々。流石良いお天気になったこどもの日で、小学生くらいのお子様を含むご家族ツアーが多いのだ。で、10分ほどのトイレ休憩の後、出発だ!ということに。

流れ橋ポタリング(小)_005

背割堤から5kmほど木津川沿いを南に下ると、ばばーんと流れ橋が見えてくる。現在、橋が見渡せる眺望の良いポイントに、ベンチや日よけが置かれた休憩所が整備されているのだ。

流れ橋ポタリング(小)_004

自転車をさっと駐輪できる、なかなかお洒落な工夫あり。ここまで来る!という作戦は立てていたのですが、折り返して帰るのも芸が無いので水分補給しつつ、作戦会議。
で、橋を渡ってから北東に向かい大久保から宇治に抜けて、現在、無料公開中の平等院を見学に行こう!という作戦を速攻で立案。まずは橋を渡ろう!ということに。

流れ橋ポタリング(小)_006

川の右岸側に駐車場が整備されたので、なんだか非常に見学客が増えましたな。こんなに人が多い流れ橋は初めて。

流れ橋ポタリング(小)_007

2016年に改修された際、それまでの高さより75cmも背が高くなったので、高所恐怖症気味おやじは橋の端に立つのは少々おっかない感じ。なんとか無事渡り切る。

流れ橋ポタリング(小)_008

で、途中でランチに立ち寄ったりしているのですが、近日ご披露することにして、やってきた国宝平等院。流れ橋から、ざっと7kmほどと意外に近場。(途中、緩やかな丘越えあり)

流れ橋ポタリング(小)_009

隣接の「平等院ミュージアム鳳翔館」は当然新型コロナ影響で閉鎖中なのですが、なぜだか境内は無料公開中。境内には大きな藤棚があり、この季節大変綺麗なのですが、ギャラリーが集まりすぎないように剪定されておりました。

流れ橋ポタリング(小)_010

世界疫病病魔退散!の銘がある木柱が境内のど真ん中にどどーんと。我々もコロナ退散!の祈りを捧げるのですな。

流れ橋ポタリング(小)_011

藤の写真は撮れなかったので、ツツジと平等院。

流れ橋ポタリング(小)_012

更にタンポポと平等院。そろそろ帰りましょう!ということに。

流れ橋ポタリング(小)_013

宇治川を眺めつつ小休止し、後は一気に向島宇治線を使い、観月橋を渡って丹波橋まで。お天気も良く、良いポタリングになりました。多分、梅雨までには、土日に何回かポタチャレンジする予定です!。

 

◆本日の移動距離:31.7km
◆本日の平均時速:15.1km/h
関連記事

0 Comments

Add your comment