FC2ブログ

毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

ピッツェリア ダ ナギーノでディナー(2)@三条通東大路西入

2020
15
GWなのですが、相方はカレンダー通りお仕事の日。朝から普通に京阪電車に乗り、出勤していく相方。出かけに仕事が終わってからどこぞで早い晩飯電を食べよう!と打ち合わせし、一軒心当たりのイタリアンに連絡し、席を押さえたのだ。お店の名前はピッツェリア ダ ナギーノ。2017年8月にオープンしたお店で、オープン月以来の再訪、まだ17:30という随分早い時間帯。

ナギーノ(小)_000

最寄りの京阪三条駅を降りると、目の前の高山彦九郎像にボディサイズに合わない、こじんまりしたマスクが装着されているのだ。いたずらなのか、真面目な啓蒙活動なのか悩みますな。。汗汗 (しかし、サイズ小さすぎ・・)

ナギーノ(小)_001

で、そのまま三条通を東へ。お店は千鳥酢で有名な村田造酢の東隣にあるのだ。現在、どちらかというとUberやお持ち帰りをメインに活動されているようですが、扉を全開放してランチと、夜は17:00~20:00まで通常営業もされておられます。 冷めたピッツアほど悲しい食べ物は無い!と断言したい我々は、ピッツアは何としてでも現場で食べたい派。 で、カウンターに準備万端置いてあるアルコールで消毒を済ませ、テーブル席に移動。我々が1組目でした。

ナギーノ(小)_014

初回に来た時と一番変わっているのは、2019年・20年と二年連続でミシュランビブグルマン店に選出されているところ。確かに一回目に来た時もこれは相当美味しいな~と納得していて、既に少々予約が入りにくい一軒に。で、こういう空いていそうなタイミングを狙っていたわけで。

ナギーノ(小)_002

メニューその1。多分、私が知るピッツエリアでもピッツアのメニュー数の多さでは群を抜くお店。

ナギーノ(小)_003

メニューその2。ご紹介した3倍分の全30種が常時!注文可能というのは凄くないですか? 揚げピッツアや包み焼ピッツア、クリスマスリースのようなドーナツ型などの変化球もあり、ぜひ一度食べてみたい~!ですな。今回はベタな、且つ気になるものを2種チョイス。今回もまたうっかり、ハーフ&ハーフが可能か確認するのを失念(滝汗)。

ナギーノ(小)_004

先ずは何は無くとも、本日のアルコール類。私は、珍しく伊太利の瓶ビール¥750を。真のナポリピッツア協会認定ビールだそうな。アントニアーナ・マーレキアーノなる銘柄。 相方はグラスプロセッコ¥600からゆるゆるとスタートなり。

ナギーノ(小)_005

店内状況。流石に貸し切りではなくて結局計3組ほど。で、グループの席間は超ゆったり。そもそもカウンター内のピッツア窯はガラスの仕切りで囲んでありますし、三密は全然大丈夫そうな感じ。

ナギーノ(小)_006

まずは前菜その1、前回も注文した生ハムとルッコラのサラダで¥1100なり。野菜はルッコラのみ!という超シンプルなものですが、ピッツアに乗っけて一緒に食べると良さが倍増するのだ。
で、甘エビのフリット¥880も注文したのですが、頭からさくさくっと頂ける大きめの甘エビが6匹分!なんと!写真を忘れる!という大ポカをやらかしたのですが、超超超お勧めいたします。

ナギーノ(小)_007

我が家ではピッツエリアではお手軽泡ボトルをお願いすることが多いのですが、これもお手軽系にしては美味しい。ヴェネト州のシャルドネ泡、Chardonnay Brut Torresellaなり。たしか¥4000だったかな。

ナギーノ(小)_008

で、トマトソース系からチョイスしたのはシチリアーナ¥1300なり。黒オリーブに大蒜、ケッパー、アンチョビ、オレガノという超定番ですが、マリナーラと同様にチーズ無しでトマトソースの旨味を楽しむピッツア。ちなみにマリナーラはなんと¥850なのだ、奥様!

ナギーノ(小)_009

焼き加減が上手なのかトマトソースの水分が完全には飛んでおらず、フレッシュ感と濃厚感のバランスが非常~に良い。咬み千切りにくいほどしっかり系のピッツア生地も好ましい一品。いやー、サラダと一緒に頂くと良さが3倍増。アンチョビの程よい塩気、オリーブの風味が利いていて、間違いなくアテピッツアとして非常に優秀。

で、もう一つは・・

ナギーノ(小)_010

こちらはモッツアレラチーズと塩気の効いた肉加工品との組み合わせの妙、マチェライオで¥1700なり。ハムと豚バラのコンフィ、サラミと自家製ソーセージ、それにハムというこれでもか肉!な具材構成。これがまた、超ウマいのだ。

ナギーノ(小)_011

アップ写真。クリームソースなどのソース類は一切使われていない。肉の脂とかなり多めの蕩けたチーズが、塩味の効いた肉肉しい具材と見事に調和。ベーコンやソーセージが乗っているベタなお総菜パンがありますが、それを超ブラッシュアップし、アツアツで提供したらこういう感じになるのかも!と思いつつ。過去食べたことが無いタイプでした。いやー、面白すぎ。辛いオイルもお願いすると出してくれるので、辛いもの好きならセットでぜひ。

以上で、程良い満腹さ加減で¥11000チョイ!という超超!納得のお支払い。呑まない人なら半額で済むのですが、この質なので全然お手頃納得価格。ピッツアのチョイスで印象が相当変わると思うのですが、流石ビブグルマンと納得のお店。前菜のアテ類も美味しいので多分、また確実に来ると思います~。 (フリットの盛り合わせ、フリットミスト¥2500をお願いしようとしたら、2人では多すぎです!と止められたので次回は4人で来たいと妄想中~。)
 
 


◆ピッツェリア ダ・ナギーノ(PIZZERIA DA NAGHINO )
住所:京都府京都市東山区七軒町20-2 サングリーン1F
営業時間:[平日]11:30~15:00 17:30~22:30  [土日祝]11:30~22:00
TEL:075-744-6568
 


●新型コロナ対策で営業時間や営業形態を変更されている可能性あり。お出かけの際はお電話でご確認&ご予約を
関連記事

0 Comments

Add your comment