FC2ブログ

毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

Kurka (クルカ) @伏見桃山

2020
18
昨日の中華屋がっつネタの続き(の日記)。
ランチから帰ってくると、自宅は足の踏み場が無い状態で、フローリングを塗り替えるために移動した家具の間をすり抜けつつ珈琲などを入れて、今度は汚れているワックスをごしごしと剥し、次はワックスを塗って乾かして、家具を上に移動!という大事業が待ち構えているのですが、また無心で延々と作業に没頭し、終わったらあらかた夕方になっているのに気が付くのだ。
とはいえ、かなりすっきりしたのが嬉しい。またまた腕やら腰がもう今日は休業だ~と悲鳴を上げているので、晩御飯はどこぞに食べに行こう!ということに。
実はランチ時に歩き回っていた伏見桃山で、お気に入り焼き鳥店が夜営業されていることをチェック!していた我々。速攻で予約電話すると席が取れ、再びやってきた伏見桃山大手筋界隈。

Kurka(小)_001

お店の名前はKurka (クルカ)、ポーランドで料理人をしていて日本に帰ってきたご店主が始められた焼鳥店。当初は、ポーランド料理もちょっとだけ置かれていたのですが、現在は平日は鶏刺も扱う正統派焼き鳥店!という感じのお店。鳥せいをはじめ、実は焼き鳥を出すお店が多い伏見桃山界隈なのですが、今のところ我が家では伏見桃山ではこちらが圧倒的にマイベスト。 2013年開店なのですがみるみる人気店になり、最近は予約しないと入れないのが少々欠点かな。場所の説明が非常~に難しいのですが、1Fにコロニーバー、二階に和食店の花涼ん(かりん)がある建物の二階奥。

Kurka(小)_002

で、御覧のキッチンに向かうカウンター席が6席ほど、4人掛けのテーブルが3の2人掛けが1ほど。いつもはフロア担当の女性が居られるのですが、20:00までの特異営業中なのでご店主1人。とは言え、結局テーブル席が予約で全席埋まる人気度合いでした。いやー、びっくり。 窓全開で営業中。

Kurka(小)_003

で、こちらが焼き鳥メニュー。一串がしっかり量なので、かなりお得感ありすぎな一軒なのだ。で、今日は概ね焼き鳥一直線でお願いする。1人で回されていたので、伝票に自分で注文を書く方式でした。

Kurka(小)_004

ハイボールは¥450だったかな・・。突き出しは鶏のすき焼き風なのですが、のっけから良い味出しているのだ~。

Kurka(小)_005

で、これはインターバル用自家製ピクルスで¥430なり。大根にエリンギ!、ヤングコーンにうずら玉子、それに胡瓜!という布陣。時間つなぎに最適系。。

Kurka(小)_006

ももたたきは¥680なり。火入れは皮にちゃんとパリッと火が通り、香ばしさがある中で身はしっとり!という理想的なレベル。本当に火入れがお上手なのだ。卸し山葵+醤油、それにサラダの卸しポン酢ドレッシングと合わせて頂く趣向なのですが、これまた超ウマ。

Kurka(小)_007

で、以後は串一直線。まずはせせり¥170なり。テーブルにしっかり効く一味と香り高い粉山椒は完備。噛みしめると大量のお汁がじゅわーん。サイズも¥170とすると相当にでっかい部類で食べ応えあり。

Kurka(小)_008

背ギモも¥170なり。タレはさらっと粘度の無いタイプですが、良い感じで背ギモと一体化。火入れも軽やかで、超高級マニアック焼き鳥店に迫る旨さ。いやー頑張っておられますな。

Kurka(小)_009

過去、こういうネーミングの部位を食べたことがあったかなあ~な「ふりそで」も¥170なり。若干固めのしこしこした食感で、これまた旨し~。

Kurka(小)_010

で、インターバル!な「皮ポン」は¥480なり。相方は串の鶏皮が大好きで、追加で食べようと狙っていたようなのですが、これがなんだか非常に良いお味なのだ。大体、他のお店では皮をさっと湯がいて卸しポン酢と合えているレシピが多いと思うのですが、ここは刻んだ皮をパリッと炙った後に、玉ねぎスライス、刻み葱+ポン酢!という構成。この皮がなんだかとても香ばしく、一味バッバ!でやたらウマ!ですな。皮好きにはお勧めいたします~。

Kurka(小)_011

他のお店ではあまり見かけないオリジナル串、タントリーチキン串で¥180なり。無茶辛くは無いのですが、スパイシー&ガーリックしっかり!という、これまたキンキンに冷えたビールの絶妙なお供なのですな。
で、初めにお願いしたのがここまでで、追加の注文厳選3種をまた伝票に書くのだ。

Kurka(小)_012

つくねは注文を受けてから、鶏ミンチを串にぐにっと付けている感じですなあ。極シンプルな感じですが、さらっとしたタレを付け焼いたもので焦げ味が美味しい¥210なり。

Kurka(小)_014

これもこのお店では外せない豚バラたまねぎでサブネームは「室蘭焼鳥」¥180なり。豚バラは存在感ある御覧の肉厚さ。いやー、これまた火入れが見事!お上手です。

Kurka(小)_015

クルカに来るのはもう2年ぶりぐらいだったのですが、過去1度も食べた記憶が無かった手羽先は¥170なり。これも工夫有りなのですが、根本が丸っこくなっているのは骨を抜いてから焼いているから。食べやすく、また齧り付くと香ばしいお汁がじゅわじゅわじゅわ!なり。火傷注意なアツアツさ。いやはや、超大満足。

で、初めのハイボールの写真しか撮っていないのですが、ハイボールが3、焼酎水割り1、グラス赤が2と結構呑んで、以上で¥8000しない!という伏見桃山価格~。この質でこの値段なので流行らないわけが無いという感想。
〆ご飯食べていないのですが、鶏食った感は大満載。で、帰りがけに御店主に旨かったですよ!とお声掛けしたら、こんな日に来ていただいて!口直しにどうぞ!とリンツのチョコボールを1粒づつ頂いて、もごもごと帰宅するのだ。
制限解除されたら、まず席が埋まりだすお店ですので、この時期にこっそりぜひ。




◆Kurka (クルカ)
住所:京都市伏見区新町4丁目463 コーポソウエン 2F
営業時間:18:00~25:00 水休
TEL:075-601-5629
 
 
●新型コロナ対策で営業時間や営業形態を変更されている可能性あり。お出かけの際はお電話でご確認&ご予約を
関連記事

0 Comments

Add your comment