FC2ブログ

毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

ジャーパル ライブ でポタリングランチ(2)@近鉄大久保駅

2020
21
で、このポタリングネタの際に立ち寄ったカレー店ネタを一つ。
久々にやってきた流れ橋。予想以上の見物客の多さにびっくり。で、このまま折り返して帰るのは面白くないので、もう少し走ろう!と次に行くポイントを泥縄で検討を始める我々。で、過去走ったことが無いコースで、ここから宇治方面に抜けて、現在無料開放中の平等院を見学するのはどうよ?という作戦を思いつくのだ。
Googleマップを見てみると、意外に近い距離。宇治市植物公園方面の丘越えはしんどいので、北は大久保まで登り、宇治淀線に入るコースで行こうということに。

ジャパールライブ(小)_001

で、丁度お腹も良い感じで減ってきたので、どこかでランチ場所は無いかなあ?と考えていたら、以前、大久保出張の際に立ち寄ったネパール料理店を思い出す。相方共々カレーは大好物なので、速攻でハンドルをそちらに向けたのだ。お店の名前は「ジャーパル ライブ」 (JahpaL Live )。ネパール式のカレー付きワンプレート定食「ダルバート」が食べられるお店。しゅっとした女性オーナー様の趣味なのか、ビーガンメニューが充実していて、野菜シッカリな健康的カレー「も」食べられるのが特徴ですな。 11:00を少々回った、まだランチには早めの時間帯。この時節なのに、ちゃんと営業されていて店内に。

ジャパールライブ(小)_004

もともと日本家屋の一軒屋をレストランに改造したと思われる物件で、四畳半と八畳間ぐらいの板間に2人掛けテーブルが3、四人掛けが2、カウンター席が8席ほどかな。テーブル席に1人、先客が居られたので三密を避けるためカウンター席に陣取るのだ。

ジャパールライブ(小)_003

で、最近このメニューを追加したのですが人気です!との情報。基本、ダルバートなのですが野菜メインでお肉無しの健康的な構成で「ブッダダルバートボール」¥1500なり。 地元産野菜に拘られているお店なので「この季節は、色々地元の野菜を使っています!!」とオーナー様。相方は、このメニューを一目見たとたん、これにする!と即断即決。

ジャパールライブ(小)_002

私は前回ダルバートを食べているのですが、マトンカレーがお肉ごろごろ系で非常に美味しかったのを思い出し、今回はスパイスカレーマトン¥1250をチョイス。

ジャパールライブ(小)_005

瓶が映っておりませんが、自転車運転中ですので間違いなくノンアルコールビールを注文しました。いやー、運動の最中に頂く飲み物として、既に存在しない事が考えられない一杯。確か¥450とかそれぐらいのお値段。ひえひえ~!

ジャパールライブ(小)_006


で、まずは相方注文のブッダダルバートボールがじゃじゃーんと登場。前回来た時はダルバートも野菜アイテムが少な目だったのですが、確かにこれは一目見ただけで30種類以上の食材は余裕で使われているであろうなあ、というてんこ盛り度。 丸い肉団子のように見えるものは大豆たんぱくで作った「大豆チャンクス」なる大徳寺麩のようなお肉代替食材。くにくにとした食感でトマト煮にしたり甘辛く味付けしたりして、味付けバリエーションは豊富。揚げ餃子的なのはサモサですが、豆入りだったり芋入りだったり、とことん植物系。様々なおかず類は激辛とは無縁な、素材の味引き出し系のほっとするお味なのですが、味付けがお上手なので、なかなか美味しい。
ご飯にキヌアや黒米など色々混ぜ込まれていて、パラパラではなくむっちり食感なのですが、それもまた良し。量的には女性には多いぐらい。

ジャパールライブ(小)_007

で、上の皿に、別添えのターメリックと塩で味付けしたとろとろ豆スープを掛けてマゼマゼして楽しむ趣向。超アツアツで器が持てないほどのアツアツ度。お料理をされているのは、どうみてもネパール?からやってきたと思しき若者2名なのですが、オーナー様のご趣味なのか、日本の豆腐が乗っていたりアボカドが乗っていたり、ゴリゴリのネパール風ではなくて、お料理に健康志向な工夫が垣間見える面白い構成。いやー、各国食材を取り入れる変態カレーを研究している者(私ですが)には、とても楽しい一皿なのだ。

ジャパールライブ(小)_008

で、お次は私注文のスパイスカレーマトンが登場。これもなんだか盛りが良いですなあ。ライスは共通で、カレーの辛さはあくまでも控えめに。とは言え、スパイス類はどれか一つが突出しているのではなくバランス系。お肉はしっかりごろんごろんと入っているのだ。野菜系の付け合わせおかずが芋に揚げ物となんだか色々と豊富に乗っている上に・・

ジャパールライブ(小)_009

蕪や大根など地野菜が盛り込まれたあっさりサラダと、色々キノコ入りスープまでついていて、これで¥1250!という大久保価格。京都市内中心部ではもちょっと高くなりそうですな。いやはや、かなりの満足感!

ジャパールライブ(小)_010

今回も辛さ増しなどのお願いを一切せず、そのまま頂いたのですが、次回は夏版ダルバートで攻めてみたいと思います~。ご馳走様でした。相方も相当ハマった様なので、また自転車で来ると思います! 京都のカレーマニアには是非一度挑戦してほしい!お店ですな。ご馳走様でした。 (しかし、前回も書いたのですが夜も一度来なくては・・・)
 
 

◆ジャーパル ライブ (JahpaL Live )
住所:京都府宇治市広野町茶屋裏6-1
営業時間:11:00~14:30LO 17:00~22:30LO 不定休
TEL: 0774-84-9709
 

●新型コロナ対策で営業時間や営業形態を変更されている可能性あり。お出かけの際はお電話でご確認&ご予約を
関連記事

0 Comments

Add your comment