FC2ブログ

毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

和酒 美ずきで夜ご飯@京都市役所北

2020
26
我々が京都市内でどこかのレストランでディナーを食べた後、日本酒が呑みたい!と思ったら巡回しているお店が4軒ほどあるのですが、そのうちの一軒、和酒 美ずき。ご縁で、相方が着付けを教えて頂いているお師匠様、陽子先生のお店で、前回ネタは?と調べてみたら、この4周年記念ネタでした。 このblogでは訪問回数をタイトルに(5)とか、書いているのですが、こちらは毎月とは言わないのですが、季節毎以上はお邪魔しているのだ。

で、新型コロナ対応でGW前から閉めておられて、テイクアウトをやられたりしておられるのですが、FBで、明日から17:00~20:00の短縮営業を開始!との告知があった次の日。行きますので!と予約電話して出てきた金曜日夕刻、17:30。実は、我が家全員が自宅テレワークだったので、ランチ時に速攻で打ち合わせし閣議決定されたのですな(汗)。

美ずき(小)_001

で、やってきた京都市役所の北側。二条通り沿いのビル奥でひそやかに営業中。新型コロナ対応でドア全開オープンで。
お久しぶりです~!とご挨拶し、カウンターに。三密を避けてカウンター席は3組しか入れられないようにしていて、基本予約営業中。とはいえ、今日は夜営業再開初日で、且つ前日夜告知!というおおらかな陽子先生ならでは営業。我々と常連のもうお一人様のみのまったり営業でした。

美ずき(小)_002

基本、ここではこういう傾向のお酒を呑みたい!か、珍しいの入ってます?とお願いして、チョイス頂くのが正解。相方は美冨久の三連星 純米直汲みを。私も滋賀酒繋がりで、竹生嶋の初しぼりを。こういう日付が入っているのは値打ちがありますな。
カウンターの前が緑が綺麗な坪庭ですが、そちらへの扉も開け放って営業中。 まだまだ明るい夕方過ぎ・・

美ずき(小)_003

大体、こちらにお邪魔するときはどこかで晩御飯を食べた後のパターンが多く、なにか食べるのはちょくちょく開かれているイベント事があるときだけ。今日は仕事場(自宅ですが) から直行~!とお伝えするのだ。ちょっと中華系の春雨をつっつきつつ、たわいもない話で久々に盛り上がる我々。 ま、大体新型コロナがらみの話になるのですが汗

美ずき(小)_004

ま、どんどんお酒も消費されるわけで。これも初めて呑んだように思う、萩の露で有名な福井弥平商店謹製、「芳弥(よしや)」純米吟醸 量り売り。酒蔵に顔が利く、このお店ならではのチョイスかな。

美ずき(小)_005

更にお勧めを。2人とも、更に滋賀酒で「不老泉 山廃純米吟醸備前雄町」を。相方は萩の露の辛口純米吟醸を。少々お腹が減ってきたので、何かありませんの?とリクエストし・・

美ずき(小)_006

美味しいダシ巻でほっこり。ちょっと食べると更に食べたくなるのですが・・・

美ずき(小)_007

〆をお願いする前に、こちら。結局滋賀酒で通した、先の不老泉と同じ上原酒造の「杣の天狗 木槽天秤搾り純米吟醸生酒」なり。ガッツリ来るタイプだったように記憶。いやー、今日は気分よく回る回る。。

美ずき(小)_008

で、テイクアウトでも出されていた粕汁を頂くのですが、これが非常に独特。濃度は超濃くてクリームシチューレベル。食べられるスープ的なぽってりさなのに、味付けはさらっとしていて美味しいのだ。あまり温度を上げすぎないのもポイントのような気が。

美ずき(小)_009

根菜類が色々しっかり入っていて、陽子先生もご飯にかけて食べるのがマイブームだそうな。早速チャレンジ。いやー、これは酒呑みのお昼ご飯に最高かもですなあ。食物繊維が超沢山頂けそうな。いやはや、ほっこり。

結局とっかえひっかえ、2人で8杯ほどお酒を頂いて、いい気分で帰ります!ということに。¥8000ほどの大納得のお支払い。。これを書いている5/22現在は、ランチ営業もされていて、ちゃんと定食を出されているようです。人気な模様ですので、ぜひ。(つい呑みたくなるかもですな~)
 
 

◆和酒 美ずき
住所:京都市中京区榎木町91−2 二条スカイビル1階奥
営業時間:18:00~24:00 月休+月1回不定休
TEL:075-241-4007 

 
●新型コロナ対策で営業時間や営業形態を変更されている可能性あり。お出かけの際はお電話でご確認&ご予約を
関連記事

0 Comments

Add your comment